コーヒーかすで消臭・除湿 その7つの方法

残ったコーヒーのカスをゴミ箱に捨てるのはもったいない。実は、コーヒーかすは少し工夫するだけで、吸湿、消臭、清掃などに利用することができます
2021/11/06

ニッポン子育て発見記 6 日本の「リサイクルと環境保護」

《日本の皆さん、こんにちは。私は中国出身で、今は日本で生活しながら3人の子どもを育てている媽媽(マーマ)です。私は日本が大好きです。そんな私が発見した日本文化のすばらしさを、皆さんにお届けします》
2021/05/20

意外なもので子供が喜ぶ簡単手作りおもちゃを作ろう

今回のテーマは「子供が喜ぶ簡単手作りおもちゃ」。 子供心を掴んで離さないおもちゃが、普段なら絶対捨ててしまうアイテムで作れちゃうんです。
2019/05/17

中国でゴミの分類が浸透しない理由 専門家「業績を気にする幹部が原因」

米ワシントンにある「環境法研究所(ELI)」は27日、中国のごみ処理問題についてシンポジウムを行った。専門家は、中国で廃棄物リサイクルの活動が浸透しない理由は、ごみ焼却発電施設の建設増加で出世を狙う地方政府幹部にあるとの見方を示した。米ラジオ・フリー・アジア(RFA)が27日伝えた。
2019/03/29

次世代ファッションのアイデア 得票数で100万ユーロ分配

H&M基金は、ファッション業界のなかで廃棄物をなくす次世代のアイデアを募った第2回「Global Change Award(グローバル・チェンジ・アワード)」で、選ばれた5つの優秀作品のネット投票を27日から受け付けている。
2017/03/28

【私の一枚】 これは傘のスカート

【大紀元日本6月30日】ある例会の主宰が着ていらした、傘の布の部分だけを使ったユニークなスカート。モントリオールを旅行中、入ったブティックで気に入り、即買われたそうです。 古い傘のホネの部分が壊れてし
2014/06/30

古ダンボールが人気 米古紙業、対中輸出が急増

 【大紀元日本4月21日】米国は古ダンボールなどの中国向け輸出が急増していることが統計で分かった。中国側にとっては紙製造用の木材や古紙不足の緩和、米国側にとっては就業機会の創出と貿易赤字の軽減に役立っ
2011/04/21

廃油リサイクル工場で毒ガス漏れ 3千人緊急避難=四川省

 【大紀元日本4月20日】四川省成都市の町工場から16日昼、異臭を伴う黄色いガスが敷地外に漏れ、周辺住民3100人が緊急避難した。漏れたガスにはベンゼンや塩素等の有毒成分が含まれており、多くの住民がめ
2011/04/20

タバコの空き箱、動くエコ自動車に変身=中国

 【大紀元日本6月4日】中国西安の大学生5人が先月31日、1万280個のタバコの空き箱を再利用して造ったエコ自動車を発表した。「世界禁煙デー」にあたるこの日、学生らは製品の発表とともにキャンパスのクリ
2010/06/04

古布に新たな命をふきこむ「裂織」フェスタ

 【大紀元日本9月9日】全国裂織協会主催の「全国裂織フェスタ2009」が、8月29日、30日に浅草台東館で開かれた。会場には例年以上の1300人以上の裂織ファンが訪れ、飾られた第1回から4回までの全国
2009/09/09

中国・廃棄紙リサイクル産業の功罪=環境保護団体

 【大紀元日本7月22日】米国の環境保護団体「フォーレスト・トレンズ」(本部・ワシントン)がこのほど発表した報告書によると、「中国で近年、廃棄紙の再生産業が迅速に発展したことから、世界各地での森林伐採
2007/07/22

中国:米国から紙くずを大量輸入

 【大紀元日本7月17日】米国際林業団体「フォーレスト・トレンズ(Forest Trends)」は7月13日、「中国およびアジア環太平洋地区林業製品貿易研究」と題した報告書で、紙くずの回収およびリサイ
2007/07/17

5年以内に決定下せば、気候変動の制御は可能=WWF

 【大紀元日本5月18日】世界自然基金会(World Wide Fund for Nature、以下、WWF)はこのほど、世界において十分なエネルギーおよび科学技術で気候変動を制御することが可能との報
2007/05/18