キャベツとキノコを一緒に食べると、循環器系の健康に良いとされる(シャッターストック)

キャベツにある物を加えて動脈硬化を予防!栄養を倍増させる5つの食品の組み合わせ

異なる栄養素が相互に作用することで、より良い効果が得られたり、体内での栄養素の吸収率が高まったりする、1+1>2の効果を「フードシナジー」といいます。 心と体と精神の予防医学の第一人者であるロブサン・ガッサン氏が、がんの予防、動脈硬化の予防、肌の調子を整える、シワを防ぐ、ストレスを和らげるなどの効果が期待できる5つの食品の組み合わせを紹介しています。

正しい5つの組み合わせで栄養を摂る キャベツとごま油の組み合わせ方

健康を重視する上で食べてはいけないもの、触ってはいけないものだけを知っていても、それはただの利口なだけです。知恵を開放し、オープンな姿勢で臨めば、学べば学ぶほど、自分の考えが広くなります。

今日の「相乗効果のある美味しい組み合わせ」では、快適に食べて吸収しやすくするための5つの良い食事法を紹介しています。

1.レモン緑茶:がんのリスクを減らし、免疫機能を高める

緑茶を飲むことで、がんや2型糖尿病、心血管疾患のリスクを減らし、免疫力や心臓の健康を高めることができる最大の理由は、お茶に含まれる超抗酸化物質のカテキンがあなたを守ってくれているからです。しかし、緑茶を飲むだけでは、カテキンの20%以下しか体に利用されず、残りの80%は無駄になってしまいます。

カテキンが自分を守ってくれているのなら、自分もカテキンを守るようにしましょう。緑茶レモン果汁やライム果汁、グレープフルーツ果汁を数滴加えれば、貴重な抗酸化物質をより多く摂取することができ、人よりも歳をとりにくく、より健康的で質の高い生活を送ることができます。
 

レモン緑茶の組み合わせは、がんのリスクを減らし、免疫力を強化する食品の相乗効果です(シャッターストック)


2.キャベツ+きのこ:動脈硬化の予防

コールラビの栄養組成は、カリウムとカルシウムを含む非常に完全なもので、食物繊維を多く含むキノコ類と一緒に食べると、循環器系の健康に非常に良いとされています。シイタケ、ヤナギマツ、ホンシメジなど、あらゆる種類のキノコがあります。...... お得で自分に似合うキノコを選びましょう。

また、キャベツの芯には葉の2倍のミネラルが含まれていますが、美味しくないからと言って切って捨ててしまう人も多いと思います。 今日から、芯の部分を千切りにして、葉っぱやキノコと一緒に炒めてみると、栄養が2倍になります。

3. 文旦+ひまわりの種:スキンケア、抗シワ、ストレス解消

テレビを見ながらでも食べられるおやつです。 ビタミンCとビタミンEは、相乗効果で抗酸化作用を高め、外敵から身を守る古典的な組み合わせです。外見だけでなく、ストレスで失われた内面の栄養素を取り戻します。日焼けが怖い人は、こんな風にビタミンC+Eを忘れずに摂取してください。

もちろん、毎回文旦とひまわりの種だけを食べるのではなく、多くの種類の食材と一緒に食べても効果が期待できます。

ビタミンCを多く含む食品:グアバ、チェリー、キウイ、釈迦頭、もやし、パプリカ、柑橘類。

ビタミンEを多く含む食品:オニバスの実、アーモンド、揚げピーナッツ、ひまわりの種、ごま、松の実、松の実、小麦やかぼちゃ。

4.サンドライドマッシュルーム+チーズ:骨粗鬆症予防

骨量は18歳でピークに達し、4、50歳を過ぎると、何もしなければ骨量は年々減少していきます。 しかし、骨は他の細胞と同様に、十分な栄養を与えれば自動的に更新していきます。カルシウムの部分は簡単で、伝統的に作られているチーズや粉ミルク、ヨーグルトなど、あらゆる乳製品にカルシウムが豊富に含まれています。ベジタリアンの方は、黒ごまとカイランを食べると良いでしょう。

現代人の多くはビタミンDが不足しており、少なくとも国民の60%がビタミンDを摂取不足と言われています。カルシウム+ビタミンDがあれば、骨を守ることができなす。カルシウムのサプリメントだけでは、Dがなければ意味がありません。 ハーバード大学の研究によると、Dが不足している場合、食物から摂取するカルシウムの15%までしか吸収できませんが、Dが正常であれば、吸収量は2倍になるようです。

太陽の光を浴びること、太陽の光を浴びたキノコを食べること、医師のアドバイスを受けてビタミンDのサプリメントを使用することなどで、体内のDレベルを高めることも可能なようです。 Dは、黒キクラゲ、卵黄、オートミール、チーズなどにも含まれています。

太陽の光を浴びたキノコには、ビタミンDが多く含まれています(シャッターストック)


5.ごま油+川七(アカザカズラ):目の疲れの改善

パソコンや携帯電話、汚染物質に長時間さらされると、ビタミンAの枯渇が進みます。 ビタミンAの親友は、ビタミンB群、D、Eで、これらはビタミンAの栄養価を発揮するのを助けます。

今回は、ビタミンAを多く含む川七と、Eが豊富なごま油と組み合わせました。これは、美味しいことと、また、ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に食べると美味しくて栄養価が高いという理由もあります。

(翻訳・志水慧美)