(Shutterstock)

耳ツボの不思議な効能「5つのツボ押しで免疫力アップ!」

人間のは、自分では直接見られないので、あまり意識したことはありませんが、とても不思議な形をしていますね。
 

は「全身につながるツボの宝庫」


「逆さになった胎児」のような形だと言われることもあります。胎児の頭は下を向き、たぶになっています。胎児のお尻はちょうど真上になって、丸めた手足とお腹がの中央部に当たります。

そんなには、胎児が生命の出発点であるのと同じように、全身の各部位につながる重要なツボがたくさん配列されています。
このツボを自分で指圧するだけでも、健康に役立つ効果が得られるのです。

ここでは「免疫力アップ」と「ダイエット」に役立つツボを、それぞれ5つご紹介しましょう。鏡をうまく使って、自分でツボの位置を探しながら指で押してみてください。

ツボの位置を感覚的に理解し、目的にかなった良い体調変化が現れたら、ツボを体得できたことになります。
 

 

 

免疫力アップに役立つツボ5つ


以下の5つのツボは、体の免疫力をアップするとともに、咳を鎮めて呼吸を楽にします。

1、腎上腺点:もみあげの線の後方、介軟骨の下にあります。
2、交感点:三角窩の下辺が輪と交わるところ。輪の顔よりの部分です。
3、神門点:三角窩のなかに位置します。
4、平喘点:たぶの上、対珠にあるツボです。
5、肺点:甲介腔の中央にあるツボです。
 

にある以下の5つのツボは、体の免疫力をアップするとともに、咳を鎮めて呼吸を楽にします。(健康1+1/大紀元)


ダイエットに役立つツボ5つ


ダイエット減量)には、この5つのツボを押して食欲を抑え、新陳代謝を活性化させます。

1、飢点:珠の上にあるツボです。食欲を抑えることができます。
2、胃点:の中央にあるツボです。消化を促進し、食欲を調節することができます。
3、肛門点:輪の内側の上の方、交換点のやや下にあるツボです。ここを刺激すると腸が活発に動き、排便が促されて便秘が軽減します。
便が腸内に長時間とどまると毒素が作られてしまいます。便秘気味の人は、その毒素が蓄積されることで代謝に影響を与えるため、体重が減らない傾向があります。

4、神門点:三角窩のなかに位置します。精神を落ち着かせるツボで、暴飲暴食を避けることができます。

5、内分泌点:珠間切痕にあるツボです。ホルモンバランスを維持し、新陳代謝を活性化して、ダイエット効果をさらに向上させます。

にある以下の5つのツボは、食欲を抑え、新陳代謝を活性化させることでダイエット減量)に効果があります。(健康1+1/大紀元)



ツボを押す方法は、人差し指の先で押すか、親指と人差し指での裏表からつまむように挟んでもいいです。ただ、ツボは小さいので、指の腹で広く押すと効果が半減することもあります。小さな1点を意識して、指圧してみましょう。

さらに効果を上げるためには、漢方医師に依頼して、ツボ(はり)を打ってもらう方法もあります。
(文・蘇冠米/翻訳編集・鳥飼聡)