塩はキッチンに欠かせない調味料であり、家の掃除にも大活躍します

家庭で大活躍 塩は天然の洗浄剤

キッチンに欠かせない調味料であり、家の掃除にも大活躍します。ここで家事達人の陳安祺氏が、自ら試したシンプルで効果的な5つの掃除の方法を紹介します。

で家をきれいにする5つの方法

顆粒状のは研磨作用があり、汚れを落とします。陳安琪氏によると、は研磨を必要とするあらゆる汚れを取り除くことができるという。例えば、コーヒーのシミ、紅茶のシミ、蛇口やシンクの石灰化、便座の汚れ、ちょっとしたカビやシミなどです。

壁の表面に付着した軽度のカビ汚れはで落とせますが、カビの根が内部に深く入り込んでいる場合は、研磨では落とせない重度のカビとなります。

また、には抗菌作用があるので、キッチン用品の洗浄や排水溝の消臭にも効果的です。悪臭の原因は、パイプの中で細菌が繁殖していることがあげられます。

インターネットではの使い方がたくさん紹介されていますが、陳さんは実際にやってみて便利で簡単だと思ったものを紹介しています。

1.湯呑みやコーヒーについた垢を落とす

材料:食

使用方法:カップを水ですすぎ、少し湿った状態でを塗ってください。

2.蛇口やシンクの汚れを落とす

歯磨き粉自体には研磨作用と洗浄作用があり、を加えることで汚れを落とす力を高めることができます。 蛇口やシンクの汚れがより深刻な場合は、お酢を少し加えると良いでしょう。

材料:歯磨き粉1cm、歯磨き粉と同量程度のお酢1~2滴。

これは蛇口を洗うのに必要な量ですが、シンクを洗う場合は約3倍の量を入れてください。どちらを使うにしても、酢を入れすぎるとが溶けてしまうので、入れすぎないようにと陳安琪さんは注意しています。

使用方法:すべての材料を混ぜて、蛇口に直接塗布します。 10~15分放置した後、植物性の布やスポンジでこすり落とします。

と歯磨き粉を混ぜると、蛇口を擦ると効果的です


3.キッチン用品の清掃

包丁、料理バサミ、缶切り、まな板、布巾などの台所用品は清潔に保つべきです。しかし、ハサミやナイフをアルコールで殺菌した後に食材に触れると、食材が苦くなってしまうと陳氏が指摘しているように、通常はアルコールでの殺菌には適していません。

そこで彼女は、食用の原料から作られているで、まな板などのキッチンツールの日常的な掃除を週に一度、と酢の水で殺菌することを勧めています。日本の細菌学会が水と酢水の実験を行ったところ、大腸菌の量が大幅に減少したことがわかったそうです。

材料:お酢、冷水を1:2:6の割合で混ぜる。細菌の問題を避けるために、水は一度沸騰させたものが良い。

使用方法:包丁、料理バサミ、雑巾などの料理道具を直接浸す。缶切りは汚れが溜まりやすく、隙間に食べ物が詰まってしまうこともあるので、浸け置きする前に小さなブラシで磨いておきましょう。

大きすぎて直接浸すことができないまな板は、と酢の水をまな板の表面にスプレーし、その上にナプキンを置き、再度スプレーして浸しておきます。

どの調理器具を洗うにしても、と酢の水に30分ほど触れさせてから洗います。

陳安祺氏は、以下のような独自の方法を紹介しています。

ボウルにと酢を混ぜた水を入れ、先にまな板を洗います。残った水に30分ほど料理道具を浸した後、取り出して雑巾を浸します。浸した道具を水で洗い流し、水分を拭き取ります。

お酢は、どちらもキッチンでよく使われる調味料であり、掃除道具でもあります


4.ガスコンロの清掃

長時間ガスコンロを使用していると残ってしまうベタベタした汚れを、の研磨作用を利用して落とします。

材料:とお湯

使用方法:ふきんやスポンジにお湯を含ませてからをつけ、ガスコンロを直接こすります。

5.排水口の消臭

とお湯で排水口をきれいにすることができますが、ご自宅の水道管が耐熱性のものであるか注意が必要です。通常、給湯器から出てくるお湯はその程度の高温には耐えることができます。

材料:食器用洗剤、、水。食器用洗剤との割合は1:2に少量の水を加えます。

使用方法:給湯器のスイッチを入れ、お湯で配管の汚れを柔らかくすることです。

給湯器に直接を振りかけ、10~15分待ってから水洗いして、排水口の表面を磨けるところまで掃除するといいでしょう。

または、小さな容器に食器用洗剤、水、を入れて混ぜ、排水口にゆっくりと流し込みます。 再度、約15分待ってから、排水口の表面を擦ります。
 

パイプ内の汚れをお湯で柔らかくした後、を振りかけて15分ほど置いてから、排水口の表面を磨いてください(Su Guanmi / The Epoch Times)



(翻訳・志水慧美)