ゴキブリ退治に最も効果的な方法!家庭内のゴキブリを駆除する3つのこと

コメント

「あっ、ゴキブリ!」

ゴキブリは招かれざる客です。家庭からゴキブリを駆除するにはどうしたらよいでしょうか? 3つの方法を紹介します。

一つ目:ゴキブリの毒餌を置く

ゴキブリは家庭でよく見られる害虫です。ゴキブリはアレルギーの原因となるだけでなく、間接的に人間の健康に影響を与える病原体を持っています。生命力と繁殖力が高いことから、「不死身」とも呼ばれています。

どうすれば彼らを家に入れないで済むのでしょうか? 専門家は、ゴキブリを殺すには毒餌が最も効果的だと考えています。

一般的なゴキブリ駆除剤には、エアゾール式の殺虫剤やベイト剤があります。台湾大学昆虫学部名誉教授の徐爾烈氏によると、エアゾール式殺虫剤はその場でゴキブリを殺すことができますが、それは目に見えるものや頻度の高いものだけで、隠れている幼虫や卵鞘は殺せません。毒餌は、ゴキブリの習性を考慮し、ゴキブリを徐々に殺していきます。

ゴキブリは群生する昆虫なので、ゴキブリ用の餌を食べた1匹のゴキブリは、約4~5日後に中毒死します。排泄物や死骸には毒性があり、他のゴキブリがそれを食べます。その結果、ゴキブリの群全体が死ぬこともあります。

ゴキブリ用の毒餌は、既製品を買ってもよいですし、自分で作ってもよいです。主婦連合会環境防衛基金では、以下のレシピを紹介しています。

材料:玉ねぎ(約200g)、砂糖(大さじ1)、粉ミルク(大さじ1/2)、小麦粉(150g)、ホウ酸(250g)またはホウ砂(325g)。

作り方:

1.玉ねぎをすりつぶす 。

2.砂糖、粉ミルク、小麦粉、ホウ酸(またはホウ砂)を混ぜ、よくかき混ぜる。

3.少し乾かした玉ねぎをレシピ2の材料にゆっくりと加え、手にくっつかなくなる程度の生地になるまで混ぜる。

4.生地を小さく成形し、ビスケット状に押し固めて(ゴキブリが食いつくように)、厚紙やラップの上に置いて乾燥させる。

上記の材料で約50個の餌がつくることができます。乾燥させた毒餌は、キッチン、排水口の近く、浴室、洗濯機や冷蔵庫の下などに置いてください。 残りの餌は一時的に密封して、乾燥した場所に置いておくと効果は半年ほど持ちます。

一般の方でもホウ酸を購入してゴキブリ用の毒餌を作ることができます
(Shutterstock)

家事の専門家である陳安祺氏は、それが自作の毒餌であろうと、市場に出回っている既製の製品であろうと、異なる餌を交互に使用する必要があると指摘しました。例えば、3カ月に1回餌を置く場合、3カ月ごとに別の毒餌に交換する必要があります。3カ月後には、以前使用していた餌に戻しても大丈夫です。

彼女は自身の経験から「実験してみたところ、これが効果的であることがわかった」と語りました。同じ餌を使った場合、2回目の結果は理想的ではないそうです。

二つ目:ゴキブリの侵入を防ぐ

ゴキブリを根絶するためには、毒餌が必須ですが、ゴキブリに家へのアクセスや生活の場を与えないことも重要です。

インターネット上では、ゴキブリが嫌う植物の臭いを利用してゴキブリを寄せ付けないようにする方法として、ニンニク、唐辛子、レモンピール、ローリエなどを利用したり、ホウ酸と水で床をモップで拭いたりする方法が紹介されています。しかし、これらのものでゴキブリを家に入れないための「結界」を作れると期待している人は、がっかりすることになるでしょう。

なぜなら、陳安琪氏によるとこれらの方法は効果がないそうです。例えば、ホウ酸を使ったモップがけは、水で希釈しているため効果がなく、ホウ酸の使用量も人体に害のない安全なレベルに抑える必要があります。

正しい方法は、ゴキブリが侵入するパイプを塞ぐことです:

1.ドアや窓、パイプなどに隙間を作らない。破損している場合はすぐに修理してください。ドアと窓の継ぎ目をシーリングして隙間を塞ぎます。

2.排水口は使用しないとき、フィルターで覆ったり、排水口カバーで覆ったりします。

排水管は、ゴキブリが隠れて餌を食べる場所です。彼女の母親が住んでいる古い家には、外の雨どいにつながる排水管があり、排水口からゴキブリが出てくるのを見たことがあるそうです。 適当な排水口カバーがない場合は、ジップロック袋に水を入れて開口部を閉じ、排水口の上に直接置いて排水口カバーとして機能させるというコツもあります。

また、ゴキブリに住処を確保させないためには、家の中を整理整頓し、内外に古新聞やダンボールを積まないようにすることです。

特に、ネットでダンボールを購入する場合は注意が必要です。昨年、日本の住生活ジャーナリストである藤原千秋氏が、ネット上で「ネット通販の段ボールは、いろいろな場所に置かれていて、輸送中に害虫が侵入したり、卵が付着したりしている可能性があるので、処分したほうがよい」という記事を書いていました。ゴキブリが侵入した場合、積み上げられたダンボールもゴキブリの住処になってしまいます。

藤原千秋氏は、「どうしてもこの段ボールを置いておかなければならない場合は、ゴキブリ用の殺虫剤を近くに置いたり、天気の良い日は外に出したりするなどの対策が必要」と付け加えました。

ネット通販の段ボールは、配送中に害虫や卵が混入することがあるので、早めに廃棄したほうがよい。 (Shutterstock)

三つ目:ゴキブリの餌を絶つ

ゴキブリは非常に回復力が高く、片付けられていないわずかな食べかすや生ごみで生存することができます。

ゴキブリを食品や水に近づけないための方法を紹介します。

・食後は、生ゴミをビニール袋に入れて、しっかりと縛ったり、ゴミ箱に蓋をしたりする。

・汚れた食器はすぐに洗う。

・食べた後は片付けて、床やテーブルに食べかすが残らないようにする。

・食べ残したものは密閉しておく。

・キッチンやバスルームの排水溝は、油汚れもゴキブリの餌になるので、定期的に洗って、排水溝をきれいにしておく。

・キッチンカウンターを清潔に保ち、水気がない状態にすることで、部屋を乾燥させ、ゴキブリが繁殖するのに必要な水分を減らす。

ゴキブリを呼び寄せないために、食べ残しや食品は密閉しておく。(Shutterstock)

(翻訳:志水慧美)