酢漬け玉ねぎで未病状態を改善

コメント

玉ねぎは高血圧を改善し、体重を減らすことができるのか。ある医師は、玉ねぎを酢に漬けて毎日摂取することで、さまざまな治療効果が得られることを発見しました。

「未病」状態を改善する

南ベトナムフィットネスクリニックの周東寬院長は、タマネギを酢で漬け込んだ「酢タマネギ」は、多くの治療効果が期待できる食品として考えています。

現代人の多くは「未病」の状態にあり、健康診断で問題がなくても、疲れやすく力が入らない、胃腸の調子が悪い、食欲がない、眠りが浅いなど、体の不調を感じることが多く、それは体が本当に病気になりかけているときです。

昔、周東寬院長もこの「未病」状態で、耳鳴り、便通不良、体重増加、体の痛みなどを抱えていましたが、酢タマネギを食べるようになり改善しました。 2年間の個人的な実験の後、患者の食事療法にタマネギ酢を加え、臨床研究を行いました。

タマネギの酢漬けを長期間食べ続けた患者には、薬よりも食事療法が有効であることが研究で明らかにされています。 

酢タマネギの効果トップ3
 

酢玉ねぎには、主に3つの効果が期待できます。

1.血圧を下げ、ドロドロの血液をきれいに

タマネギに含まれる硫化物には、血液の凝固を遅らせる効果があり、血液をきれいにすることができます。 タマネギに含まれるアミノ酸は、赤血球、白血球、血小板の酸化を防ぎます。 お酢に含まれるクエン酸は、血小板の凝固を抑制し、血液をスムーズに流す働きがあります。 全身の血液循環が良くなると、血管壁にかかる圧力が減り、血圧が自然に下がります。

また、玉ねぎにはケルセチンやグルタチオンなどの抗酸化物質が含まれており、免疫力を高めて老化を防止する効果があります。 周東寬院長は著書の中で、毎日タマネギを食べている人の多くは、そうでない人に比べて血管が10~20歳若いという研究結果を指摘しています。

2.血糖値の低下、9割の患者に有意な改善

周東寬院長は、長年にわたって患者に酢を加えたタマネギの摂取を勧めており、糖尿病患者の9割に顕著な改善が見られたことを発見しました。

タマネギに含まれる硫化ジアリルやケルセチンは、血中の余分な糖や脂質を減らす働きがあります。 ジアリルスルフィドとビタミンB1の組み合わせは、筋肉がインスリン感受性を高め、糖代謝が活発になり、エネルギーとして糖を筋肉に消費しやすくするニンニクチアミンに変化します。

酢の酢酸とタマネギの食物繊維は、ともに食後の血糖値の上昇を抑制し、緩やかにしてくれます。 タマネギに含まれるグルタチオンには、インスリン分泌を促進する作用があります。

3.高血中コレステロールや肥満を改善し、痩せやすい体質に変える。

玉ねぎはダイエットに最適な野菜です。 タマネギに含まれるオリゴ糖は甘味がありますが、カロリーはグラニュー糖の半分以下で、体内にはほとんど吸収されません。 硫化ジアリルは体内の余分な脂質や糖質を減らし、漢方で「浮腫肥満」と呼ばれる浮腫を解消します。

クェルセチンは、体内の脂質の吸収を抑制し、体内の脂肪燃焼効率を高めます。 血中コレステロールが高い患者も、タマネギの酢漬けを摂取することで大きな改善が見られたそうです。

お酢に含まれるクエン酸が、体の代謝やエネルギー消費を高めるため、痩せやすい体質になり、中には12kgの減量に成功した患者もいるそうです。

周東寬院長は、高血圧による病気の改善のほか、酢タマネギの治療効果として、免疫力の強化、腸内環境の調整、冷えの予防と改善、皮膚の美容、めまいや耳鳴りの改善、目の疲れの解消、関節痛の改善、不眠やイライラの解消などを挙げています。

玉ねぎの酢漬けの作り方

タマネギは生だと辛味や刺激が強いのですが、酢タマネギはこれを改善することができます。 玉ねぎを5日以上酢に漬けておくと、風味が柔らかくなり、胃への刺激も少なくなります。 漢方では酢は陰の食べ物で、冷え性の人には向かないのですが、陽性であるタマネギはそれを補うことができます。
 

生のタマネギは辛味や刺激が強いが、酢漬けタマネギならその欠点を解消できる (Shutterstock)

材料:玉ねぎ大2個(約500g)、酢150ml、はちみつ100ml(140g)(はちみつは好みで調整可)、塩小さじ1。

作り方:
1.玉ねぎは皮をむいて薄くスライスする。
2.瓶に酢、はちみつ、塩を入れ、はちみつが溶けるまでかき混ぜる。
3.玉ねぎを入れ、酢に浸りきらないようなら酢を足す。
4. 蓋をして、冷蔵庫で5日間保存する。

酢タマネギは冷蔵庫で1ヶ月ほど保存可能です。 米酢、黒酢、リンゴ酢、ワインビネガーなど、お好きなお酢をお選びください。

周東寬院長は、長期にわたって望ましい治療効果を得るために、1人当たり1日にタマネギ50gと酢15mlを摂取することを勧めています。

 

(翻訳・井田千景)