世界中のピラミッド(21)カラチン左翼モンゴル族自治県

コメント

東山嘴と牛河梁の遺跡

1979年から1985年まで、考古学者たちは相次いで遼寧省西部のカラチン左翼モンゴル族自治県東山嘴村と牛河梁村で、大型の祭壇や、女神殿、積石塚(小型ピラミッド)などの遺跡を発掘し、数多くの文物も出土しました。

放射性炭素年代測定を通じて、この遺跡は今から5500年前に建設されたもので、出土文物をもとに初歩的な推測をしたところ、この場所には、国家様式の原子文明社会が存在していたというのです。これはつまり、中国文明がさらに1千年前までさかのぼることができるということを意味し、全世界をとどろかせました。

東山嘴と牛河梁の遺跡の敷地面積はおよそ50平方キロメートルで、遺跡内には、祭壇や廟、積石塚があり、祭壇は、丸形と長方形のものがあり、女神殿は、主殿と側殿に分かれ、主神とその他の諸神を意味しています。そして、積石塚は山頂や丘の上に建てられ、明の十三陵の構造に非常に似ています。

1989年、女神殿付近からピラミッドが発掘されました。地上部分は直径40メートルで、高さは16メートルあります。ピラミッドの周囲には二重の外壁があり、内側は直径60メートル、外側は直径100メートルあります。

この大きなピラミッドの周辺には30以上もの小さいピラミッドが分散しており、積石塚群全体は円錐状をしていて、エジプトのピラミッドの配置と全く同じです。果たしてこれは偶然なのでしょうか?そして、これらのピラミッドは一体何のために建てられたのでしょうか?

牛河梁の遺跡が女媧の存在を証明

報道によると、牛河梁の遺跡で発掘された文物などは全て女媧の伝説と関係しています。そのため、考古学者は、女媧はただの神話ではなく、実際に存在しており、天を補修したというのも事実ではないかと考えています。

女神殿から人間と同じ大きさの泥塑の女神頭像と、6体の大小さまざまな泥塑の裸の女性の像が出土しました。

専門家によると、この女神像の芸術的価値は、西洋のヴィーナスの彫像と同じく高く、女神像から骨の成分が検出され、人の骨ではないかというのです。そのため、牛河梁の女神像は、実際の人物をもとに作られたものだと考えられています。

また、ピラミッドの頂部には、1500個の銅を錬るためのるつぼがあり、現在のバケツとほぼ同じ大きさです。果たしてこの大量のるつぼは一体何のために使われたのでしょうか?本当に神話のように、女媧が五彩石を錬って、天を補修したというのでしょうか?

そして、考古学者は周辺の小さいピラミッド群から、大量の玉器を発掘し、更に積石塚の中の大きな墓から完全な男性の骨格を発見しました。死者の両手は雄と雌の亀の形をした玉器を握っており、2匹の亀は共に手足も頭もありません。これはまさに女媧補天の神話通りではないでしょうか?

(つづく)

――正見ネットより転載
(作者・意文/翻訳編集・天野秀)