世界中のピラミッド(57)ペルー セチンバジョ遺跡

2008年2月、ペルーとドイツの考古学者から成るチームは、ペルーで5500年前に建てられた祭祀、あるいは儀式用の広場を発見したと発表しました。現時点で、アメリカ大陸で発掘された最も古い建築物であるとのことです。
2022/02/22

世界中のピラミッド(56)ペルー カラル遺跡

カラル遺跡はアメリカ大陸最古の都市遺跡の1つとも評されています。研究者たちは、放射性炭素年代測定を用いて、ペルー中部のスーペ川流域には、紀元前2627年あたりからすでに都市が形成されていたことを確認しました。
2022/02/21

世界中のピラミッド(37)エジプト 誰がクフ王のピラミッドを建設したのか?

歴史学者は、ピラミッドはファラオの墓と密接な関係があると考えています。820年、アルマムーンはイスラム教徒を率いて、初めてクフ王のピラミッド内に入りました。しかし中にあったのは、何も入っていない石箱だけでした。
2022/01/23

世界中のピラミッド(35)ピラミッドに纏わる奇妙な符合

学者は1インチを1年の時間単位に置き換え、そして、ピラミッドに関する長さや容積、天文学、数学などと、かの有名な「誤差数字286」を考えあわせた上で分析したところ、ピラミッド内のトンネルの謎を解明しました。
2022/01/20

世界中のピラミッド(34) クフ王のピラミッドの謎

クフ王のピラミッドには、サイズや配置、技術など、いくつかの明確な数字や説明のつかない現象があり、今日でも多くの考古学者や専門家たちを悩ませています。51°、方錐、磁力線との同調は、ピラミッドの安定性の謎です。
2022/01/19

世界中のピラミッド(33)クフ王のピラミッドの神秘

クフ王のピラミッドの神秘さにまつわる推測や話題は常に絶えず、特にピラミッドのエネルギーに関して、人々の興味をそそります。ピラミッドの構造、各部分の比例、サイズなど、全てに重大な意義が隠されていると信じる学者たちもいます。
2022/01/18

世界中のピラミッド(32)エジプト ギザ(2)

ファラオ・カフラーの継承者であるメンカウラー(Menkhaure)もギザでピラミッドを建てました。第4王朝が衰えている頃(紀元前2600年頃)に建てられたこのピラミッドは、他の2基のピラミッドの約8分の1しかありません。
2022/01/17

世界中のピラミッド(31)エジプト ギザ(1)

ギザの大ピラミッドは古代エジプトの第4王朝(紀元前2500年頃)の王であるクフの墓とされ、古代エジプトでは、各ファラオが即位した日から、自分用の墓を建設し始め、死後、成仏できるよう祈り始めると言われています。
2022/01/16

世界中のピラミッド(30)エジプト・ダハシュール

ダハシュールはピラミッドの発祥地と言われ、今日良く見られるピラミッドが最初に出現したのは、第3王朝のファラオ・フニの時期です。
2022/01/15

世界中のピラミッド(29)エジプト サッカラ

エジプトの最古のピラミッドはサッカラにある階段ピラミッドです。階段ピラミッドは第3王朝(紀元前2667年-2648年)のジェゼル王のもので、高さ62メートル、全部で6層あります。
2022/01/14

世界中のピラミッド(28)エジプト

メイドゥムピラミッド(Pyramid of Meidum)はエジプト第4王朝の創始者である、スネフェルの墓です。外観は部分的に崩壊したため、今では、内部の核心部分だけが佇んでおり、奇妙な形のピラミッドとなっています。
2022/01/13

世界中のピラミッド(27)エジプト

2008年時点で、エジプトで138基のピラミッドが発見されています。これらのピラミッドの中で、カイロの郊外にあるギザのピラミッドが、最大規模で、保存状態も最も良好です。
2022/01/12

世界中のピラミッド(25)チベット

カイラス山はチベット高原西部に位置する独立峰で、チベットの最高峰ではないものの、チベット民族に「神の山」と呼ばれ、麓のマーナサローワル湖は「聖なる湖」と呼ばれています。
2022/01/10

世界中のピラミッド(21)カラチン左翼モンゴル族自治県

1979年から1985年まで、考古学者たちは相次いで遼寧省西部のカラチン左翼モンゴル族自治県東山嘴村と牛河梁村で、大型の祭壇や、女神殿、積石塚(小型ピラミッド)などの遺跡を発掘し、数多くの文物も出土しました。
2022/01/03

キプロスで 3000年余り前の貴重な宝石が大量に出土

考古学者たちが最近キプロスの墓から発掘した宝石や陶磁器、など約500点の貴重な副葬品は、3000年以上前のものだ。その中の一つ、「蓮の花」のペンダントは、古代エジプトのある王妃が身に着けていたアクセサリーと酷似している。
2021/12/27

世界中のピラミッド(17)中国 咸陽市

中国の古代帝王の墓は、商周時代から土砂やセメントを墓室の上に積み、平坦な丘にし、これを「陵」と呼びます。「ピラミッド」の定義に相応しく、数も膨大で、西安付近だけでも、数百の陵が立てられています。
2021/12/25

世界中のピラミッド(16)内モンゴル自治区 オルドス市

四大文明の一つである中国には、エジプトやマヤのピラミッドに似た建設物は存在するのでしょうか?考古学及び文献の記載によると、中国にも「ピラミッド」が存在しているというのです。
2021/12/24

世界中のピラミッド(15)パキスタン

チョゴリザ山(Chogolisa)は中国とパキスタンの国境線です。海抜8611メートルあり、「K2」とも呼ばれ、世界で2番目に高い山です。山頂はピラミッドの形をしており、平均の斜度は45度と、非常に険しいです。
2021/12/23

世界中のピラミッド(14)台湾 七星山

台湾で最も高い火山である七星山で、1994年に三角錐のピラミッドが発見されました。七星山山頂から眺めると、ピラミッドの頂点は側火山の紗帽山と繋がっています。長い年月により、外観はすっかり植物に覆われて緑色をしています。
2021/12/22

世界中のピラミッド(7):ヨーロッパ

2006年、ウクライナでピラミッドが発見されました。同年、ボスニアのピラミッドも発見され、ウクライナのピラミッドの公開より少し早い時に、「BCCニュース」が同年4月15日に報道しました。
2021/11/05

世界中のピラミッド(5) ヨーロッパ――ボスニア・ヘルツェゴビナ

クロアチア共和国とイギリスの科学者たちのテストによると、ボスニアの太陽のピラミッドの頂点から、超音波、あるいは何かのエネルギーが放たれており、その範囲はおよそ半径4、5メートルに及ぶ。
2021/10/25

世界中のピラミッド(4):ヨーロッパ――ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニアのピラミッドは現地の民族によって建てられたことが確認されています。非常に先進的な技術が用いられ、幾何学や天文学、数学などの知識がピラミッドに練りこまれています。
2021/10/15

世界中のピラミッド(3)ヨーロッパ――ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニアにあるピラミッドには、伝統的なピラミッドの要素をすべて備えており、現在、世界中で最も神秘的で、エキサイティングな考古学プロジェクトと言っても過言ではありません。今回からその全貌を明らかにしていきます
2021/10/12

世界中のピラミッド(2)ヨーロッパ――ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナの山脈であるヴィソチツァ(Visočica)は標高645メートルで、山全体の外観は伝統的なピラミッドの形をしているため、当地の人々はここを特別な自然観光地と見なしています。
2021/09/24

世界中のピラミッド 序言

世界中で現存している偉大な建築物の中で、ピラミッドは常に人々の焦点を集めています。人類は長い間、ピラミッドに関する未知の謎の答えを探し求めてきました。エジプトのピラミッドの関する謎が最も代表的です。
2021/09/16

4本足の両生クジラの化石がエジプトで発見される

科学者たちは、エジプトで新種の水陸両生クジラの化石を発見しました。そのクジラは4本の足を持ち、陸を歩いて海を泳ぐことができ、4300万年前に生息していたと推定されています。
2021/09/08

【写真】「頑張れば不可能はない」口にくわえたラケット エジプトのパラ卓球選手

今年の東京パラリンピックでは、エジプトの卓球選手、イブラヒム・エルフセイニ・ハマドゥー(Ibrahim Hamadtou)氏が注目を集め、人々に勇気を与えてくれた。48歳のハマドゥー選手は両腕を失ったにもかかわらず、前回のリオ大会にも参加し、団体9位、個人11位の成績を収めた。今回で2度目のパラリンピック出場となる。
2021/09/01