世界中のピラミッド(34) クフ王のピラミッドの謎

コメント

クフ王のピラミッドの謎

クフ王のピラミッドにはいくつか明確な数字と説明のつかない現象があり、今日でも、多くの考古学者や専門家たちを悩ませています。

一、クフ王のピラミッドの各部分の長さ
1、ピラミッド自体の重さ×1015=地球の重量
2、ピラミッドの高さ×10億=地球から太陽までの距離(約1.5億キロメートル)
3、ピラミッドの底辺の長さの合計:ピラミッドの高さ=敷地面積を円にした時の円周:半径
4、ピラミッドの底辺の長さの合計÷高さ=円周率(3.14159)
5、ピラミッドの底面の周長の36524という数字に小数点を入れる、365.24は一年の日数
6、周長の36524÷4=9131、これはピラミッドの底辺の長さの合計である
7、9131は底辺の長さでもある(インチ)
8、36524×5=182620、この数字は古代エジプト人とヘブライ人が良く使っていた腕尺(中指の先から肘までの長さ)の長さになる(約18.26インチ)
9、9131÷25=365.24、これは一年の日数である
10、ピラミッドの4つの底辺の長さの誤差は1%以下
11、6千年分の春分と秋分の日も、計量単位で計算できる
12、ピラミッドの通路系統は一種の天文学年表、あるいは時の鐘であり、6千年の歴史に延長線を描きました。1千個の太陽を単位とし、ピラミッドの1インチを太陽暦の1年に換算した場合、紀元前4千年から紀元前1千年、0年、1002年、そして、2001年の秋分の時間が分かります。これらの時間は5千年の中で重なったことはなく、唯一の時間帯です。

二、ギザの三大ピラミッドの配列はオリオン座のベルト部分の三ツ星と特殊な関係があり、パソコンで計算した場合、紀元前10500年、子午線を跨ぐこの三ツ星の並列はギザの三大ピラミッドの配列と一致しています。また、天の川とナイル川の位置も一致していることから、偶然ではないことが判明しました。

三、クフ王のピラミッドのサイズは、地球の半分のサイズと比例が非常に似ており、このことから、古代エジプト人はすでに地球の扁平率を知っていたのではないかと考えられています。

四、ピラミッドの底面の対角線の延長線が、ちょうどナイル川デルタを包括できます。

五、地球の両極の中心軸の位置は毎日変化していますが、25827年の周期を経て、元の位置に戻ります。クフ王のピラミッドの対角線の和は、ちょうど25826.6です。

六、建築技術において、直角計量技術は難関とされていますが、古代の建築家は見事にピラミッドの建設に使用しました。

七、ピラミッド内部の構造は非常に複雑で不思議であり、彫刻や絵画などの装飾も施されています。墓室や通路内は非常に暗く、精巧で細密な彫刻や絵画は明かりの下でしか制作できません。しかし、科学者が、墓室や通路内の5千年以上積もった埃を分析した結果、埃内には煙や油分などの微粒は全くなく、たいまつやランプが使われた形跡はないというのです。

八、ピラミッドの独特の構造が、風によるダメージを最小限まで抑えています。

九、クフ王のピラミッドの基壇は磁力線の中心に位置しているため、振幅が非常に弱く、地震による影響も少ないのです。

十、クフ王のピラミッドの高さと底辺の周長の比率はちょうど1 /2πです。多くのピラミッドの傾斜角度も51°52’という特殊なアングルを採用しています。51°、方錐、磁力線との同調こそ、ピラミッドの安定を支える謎であります。

(つづく)

――正見ネットより転載
(作者・意文/翻訳編集・天野秀)