ニューヨークの地下駅で線路から落ちたらどうする?

コメント

1月15日、ニューヨーク市地下鉄42丁目タイムズスクエア駅でアジア人女性がホームから突き落とされ、死亡しました。 この事件は、多くの通勤者が自分の安全について考えるきっかけとなりました。もし自分が線路に突き落とされたらどうしたらよいでしょうか? 

MRT(地下鉄)のベテラン警察官であるジェームス・ルドルフさんは、かつて記者にニューヨークの地下駅での基本的なセルフレスキュー術を語ったことがありますが、ここではその注意点をまとめます。

ルドルフは、ニューヨークの地下のプラットフォームは深くないように見えるが、実はほぼ6フィート(1.8メートル)の深さがある、といいました。 ホームから落ちた場合、3本目のレールは高電圧で即死するので触らないようにしましょう。

この第3の軌道は電力軌道とも呼ばれ、電力を供給するための独立した軌道で、2つの軌道の間、あるいは一方の軌道の外側に配置されています。 2つの地上線よりかなり高い位置にあります。

赤い矢印が高電圧の下にあるのが、地上の2線よりかなり高い高電圧の電気が流れる3線路です。 (写真提供:Epoch Times)

近くに壁のくぼみがないか、すぐに確認してください。 電車がまだ到着していない場合、時間に余裕があれば、大声で助けを呼んで、誰かに引き上げてもらうことができます。 また、ホームの端に向かって列車の進行方向に走ると、運転手が反応する時間が長くなります。

逆にもしホームで線路に落ちている人を見かけたら、地下鉄が来る方向に走って手を振り、線路内に人が落ちていることを乗務員に知らせれば、地下鉄の方も急ブレーキをかけることができます。 しかし、電車は線路上を非常に速く走行し、車のようにブレーキを踏んでも止まらないため、駅に入ってから不具合を発見したときには制動距離が足りず、惰性で走行したままになってしまいます。

2つ目は、線路沿いにある緊急通報ボックスで、赤いボタンを押すとその区間の電力が5分間、一時的に停止する仕組みになっています。

線路沿い(右の赤い矢印)には、その区間の電力を5分間一時的に停止させる赤いボタンの付いた非常呼出箱が設置されています。 (Cai Jun/The Epoch Times)
 
ホームの端の下には凹んだ隙間があり、電車を待っているときに反対側のホームから見えるようになっています。 (Lin Yijun/The Epoch Times)

もう電車が駅まで入ってくるといった場合、電車を待つときに反対側のホームから見えるホームの端の下にある凹んだ隙間、「内壁」にすぐ立つのが最も効果的です。 列車が停止した後は、MTRのスタッフがサポートします。

電車を待っているときに反対側のホームを見ると、プラットフォームの端の下にくぼんだギャップがあります。(Lin Yijun / Epoch Times)

電車が来るのが見えたら、地下と枕木の間に人が入れるほどのスペースがないので、くれぐれも線路と線路の間の溝には寝転がらないようにしましょう。 ルドルフは、列車の下に何があるか分からないし、簡単に「死んで」しまうから危険すぎるといいます。

「危険/立ち入り禁止」と書かれた赤い線は、高電圧のショックゾーンです。 (Cai Sol / Epoch Times)

また、ホームから落ちた人の多くは、轢かれて亡くなったのではなく、感電して亡くなっているのです。 駅によっては対面式の線路の間に狭い空間がありますが、もしそこに「危険・立入禁止」と書かれていたら、それは地下に電気を供給するための高電圧ショックゾーン(通常赤と白のゼブラ模様、写真参照)です。

ルドルフさんは、ホームの反対側へも走ろうとしないようにと言っています。気をつけないと、簡単に高電圧ゾーンに突っ込んでしまうからです。 大きな駅では、そこを通過する列車のほとんどが速すぎて止まれない通過列車なので、道の真ん中を通ることはできません。

赤い矢印の下が高電圧の電気が流れている3本目の線路では2本の地上線路より高く、識別しやすくなっています。 大きな駅では、そこを通過する電車のほとんどがスピードを出していて停車しないため、中道は通れません。 (Lin Yijun/The Epoch Times)

一方通行の線路しかない駅では、電源線路にぶつかることなく反対側まで走り、反対側の壁の穴に隠れることが可能な場合もあります。地下の車両はホームの近くまで入ってくるため、壁の向こう側と約0.5メートルの距離を確保することができます。MTRの工事関係者も電車に遭遇すると、ここに隠れます。 ただし、一部のホームでは、赤と白のストライプがある側が通過禁止になっています。
 

緊急時には、写真の黄色い矢印で示した、電車が到着したときにMTRの職員が隠れていた壁の穴に隠れることができます。 電化されたサードレールにぶつからないように注意してください。 (Duguohui / Epoch Times)
一方通行の線路しかない駅では、左の黄色い切り通しのように、反対側に走って反対側の壁の穴に隠れることができれば、電源線にぶつかることがないです。MTRの工事関係者が電車が到着したときに隠れていることがあります。 (Spencer Platt/Getty Images)
緊急時には壁のアルコーブ(窪み)に隠れることができます。このアルコーブは、列車が到着したときにMTRのクルーが隠れる場所です。 電化されたサードレールにぶつからないように注意してください。 (蔡溶/n/The Epoch Times)

最高のアドバイス? 

まずはホームから落ちないようにすることです。 線路からの転落は、どんな場合でも非常に危険です。 ルドルフさんは、「MTRのプラットフォームには精神疾患を持つ人も迷い込んでくるので、そういう人には近づかないこと、争いに巻き込まれないことが大切だ」と注意を促します。

万が一、ホームから荷物が落ちた場合、線路が深くなっているため、自分で降りて取りに行くことは違法行為となります。 その時はプラットフォームのスタッフに回収を依頼する必要があります。

(翻訳・井田千景)