ファンタジーに満ちたバレエ舞踊劇「くるみ割り人形」(下)

コメント

華麗なシーンが並ぶバレエ曲「くるみ割り人形」は、おとぎ話のようなファンタジーに満ちていますね。舞踊の生き生きとした楽しいリズム、ダンサーの器用で生き生きとした演技、そしてチャイコフスキーの音楽の精緻なメロディーと透明感のある音色は、観客に忘れられない印象を残します。チャイコフスキーの後期の代表作といえるでしょう。

彼の巧みな弦楽器の使い方と、この舞踊劇での児童合唱や楽器の使い方は、あまり見られないリアリズムを与えており、特に「雪片のワルツ」にある児童合唱と第1幕の楽曲のおもちゃの楽器は、非常にリアルです。

チャイコフスキーは、舞踊劇のために、さまざまなスタイルの音楽を作り出しました。チョコレートにはスペインのダンス、コーヒーにはアラビアのダンス、お茶には中国のダンスを使いました。楽譜の中で最も美しいのは「金平糖の精の踊り」のピアノ独奏であり、フィナーレは彼の最も有名なワルツの一つである「花のワルツ」です。

チャイコフスキーのオーケストラは、序曲で主題を超越しており、チェロとバスの代わりにヴァイオリンとヴィオラで6声を分け、さらにトライアングルとピッコロで古典派のオーケストラの音を模倣しています。序曲は子供の天真爛漫な趣や澄んだ明るい音色に満ちています。
 

兵隊の姿のドイツくるみ割り人形

チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」に登場する兵隊の姿をしたおもちゃのくるみ割り人形は、ドイツの伝統工芸品で、通称「ドイツくるみ割り人形」(German Nutcrackers)と呼ばれています。

やり方は、 燕尾服の後ろの裾を持ち上げると、大きな口を開け、口にクルミを入れて再び燕尾服の裾を下すと、カチッと音を立てて固い殻が割れる仕掛けです。

その愛らしい姿から、くるみ割り人形は徐々に家庭の装飾品として浸透してきました。 欧米では、クリスマスの時期になると、ドイツのくるみ割り人形がクリスマスの飾りとして購入されることが多いようです。チャンスと幸運の守護神と言われ、むき出しの歯で悪魔や悪霊に立ち向かい、怖がらせ、持ち主の家族の平和を守ると言われています。

(翻訳・李明月)

紀安娜