咳止めに効く「ハチミツ入りコーヒー」ステロイド剤よりも効果的?

コメント

現代医学で最もよく知られている「神薬」の1つはステロイドです。
そのステロイド剤の1つに気管支喘息を緩和するプレドニゾロンがあります。

ところが、最近のある研究によると、同じく感染症に続く症状を緩和する代替薬品として、「ハチミツ入りコーヒー」がプレドニゾロンよりも治療効果が良い、という結果が示されました。

「感染後の咳症状」とは流行性感冒、またはその他のウイルスの上気道感染後に起こる、激しい咳です。典型的な症例としては3週間以上、ときには数カ月間続くこともあり、患者にとって苦痛の大きい症状です。

通常、この病気の治療には、複数の強力な薬剤が使われます。
それらは、コデイン(メチルモルヒネ)、デキストロメトルファン、抗ヒスタミン薬、麻酔剤、気管支拡張剤などが主で、いずれも重篤な副作用がともないます。

この研究は、イランテヘランにある大学病院の研究者により、2008年から2011年にかけて行なわれ同国の医学誌に掲載されたものです。
3週間以上、感染後の咳を経験した97人の患者を、無作為に3群に分けて調査しました。

第1群には、ハチミツ20.8 gとインスタントコーヒー2.9 gを含む「ハチミツ入りコーヒー」を飲ませます。
第2群は、13.3 mgのステロイド剤のプレドニゾロンを服用。
第3群は対照組で、薬剤ではないアミノ酸の1種であるシトルリンを25 mg服用します。

「実験参加者には、これら内容を知らせない『薬物』をぬるま湯に溶かし、8時間ごとに1週間飲み続けてもらいました」と研究者は説明します。そのうえで、治療前と治療終了1週間後に、彼らの咳の重症度を評価しました。

以下の表に、調査結果をまとめます。

ハチミツコーヒー群と、プレドニゾロン群の治療後の咳頻度の比較表。(大紀元図)

 

ハチミツコーヒー(蜂蜜珈琲)群の咳頻度は、治療前の2.9から治療後の0.2に、大きく減少しました。
これに対し、プレドニゾロン(溌尼松隆)群では治療前の3.0から治療後の2.4と、わずかに減少したのみでした。

研究者は、この分析結果について「ハチミツ入りコーヒーが感染後の咳の緩和に、ステロイド剤より効果的であることを示しています」と記しています。

同じく研究者は、「ハチミツもコーヒーも天然の食物であり、安全で副作用もないから体に優しい。しかも薬よりはるかに安く、簡単に手に入ります」と述べています。

(文・Sayer Ji /翻訳編集・鳥飼聡)

Sayer Ji