中国、疫病経済、コロナ禍で大儲け
慧眼済済
慧眼済済

北京市では最近、PCR検査機関が不正操作する問題が相次いでいます。5月21日、「金準」という医学検査会社が検査サンプルを希釈して暴利をむさぼった疑いで17人が逮捕されました。医学検査部門、更には 「疫病経済」の中で莫大な利益を得た「大トラ」は、今頃、お金を数えて、秘かに笑っていることでしょう。中国では、会社の背後に中国共産党(中共)の高官がいなければ、その会社はすぐにつぶされるでしょう。政府と企業の癒着はごく一般的な現象となっているのです。

関連動画