やめられないドカ食い その根本原因とは(2)

コメント

ここでパラドックスですが、たとえ掘り出すことが苦痛であっても、気持ちが楽になるのです。一日の終わりには(そして始まりと途中にも)、心や頭や身体の中で経験していることに、善良で非評価的な関心を向けるべきです。これは、ドカ食いやその他の強迫行為をなくすために必要な方法です。
 

本当の悩みを解決するために、食事の前にすること

考えてみてください。自分にビスケットを与える時、本当に必要なのは慰めです。バナナで鍵を開けようとしているようなもので、間違った道具を使っているのです。

しかし、これこそが、何度も何度も繰り返されていることなのです。心のケアが必要なときに、口に餌を与えています。時間が経つにつれて、自分自身の不快感に対処するためのこの奇妙で誤った反応は、普通のことになり始めます。 

私たちは、不快な気持ちを麻痺させて和らげることを真の解放と勘違いし、気分を良くしてくれるのは食べ物だと思い込むようになります。しかし、食べ物のせいで感覚が麻痺するのは一時的なもので、不快な気持ちは少しも離れていません。

食べ物は私たちの気持ちを紛らわせてくれますが、体重の問題やドカ食いを止められないという新たな悩みを生み出します。そして、注意をそらす前の嫌な感触もまだ残っており、実質的には解決していません。

もしあなたがドカ食いをしているならば、本当に必要なのはケアや慰めなのに、食べ物で気を紛らわせる習慣が身についてしまっています。悲しいのは、あなたの気持ちはこの扱いに慣れてしまっているということです。要するに、あなたの気持ちはあなたに見捨てられているのです。

それは、ある時期、おそらくあなたが幼いとき、自分の気持ちに本当の慰めを見つけようとしていた時だと思われます。あなたは保護者のところに行ってハグをしてもらったり、不快感を和らげる行為をしたりするでしょう。バナナの代わりに鍵を探しに行くかもしれません。しかし、保護者が不在だったり、無視されたり、一緒に座って気持ちを聞いてあげることができなかったりして、気持ちを楽にすることができない場合があります。

あなたが本当に必要としているのは慰めであって、無関係な代替品ではありません。しかし、保護者はあなたを拒絶したり、ビスケットを持たせて追い出したりするかもしれません。そのため、 自分のコントロールできない気分やつらい気分に一人で向き合うことになり、何の助けも慰めももらえないことがあります。そこで、食べ物に頼るわけですが、これが脳の中で最初の形となるわけです。これは、賢く適応性があり、一時的ではありますが嫌な気持ちを取り除き、目標を達成することができます。

心が折れそうになる過程です。本当に必要なものは手に入らず、本当の関心やケアは得られないというメッセージが心に伝わります。その結果、食べ物による一時的な逃避を望むのが精一杯となるのです。想像してみてください。自分が本当に必要としているものが、まだ保護者から得られると信じている年齢です。あなたの心がゆっくりと傷つけられ、本当の心地よさをあきらめて徐々に食べ物に屈し、食べ物を最も頼りになる選択肢にしていく過程を、想像してみてください。

やるべきことは、余分な体重を落とし、スウェットパンツを片付けるだけでなく、自分の心を励まして開花させることです。この時に、本当の慰めと本当の思いやりを得ることができます。その気になればできます。初期に形成されたいわゆる「より良い気持ち」や「最良の希望」は実は自己麻酔であり、それを変えることができるのです。

今日から、ドカ食いや強迫的な食事の衝動に駆られたときは、

1. 今していることを止めて、深呼吸をして、心臓か胃に手を当ててください。「感じたくないことは何だろう」と自分に問いかけてみてください。

2. 椅子を引いて、傷ついている子供の前に座り、自分の中のひとときに耳を傾けることを想像してください。判断する必要はなく、恥じる必要もなく、こみ上げてくる気持ちを解決したり説明したりする必要もないのです。ただ耳を傾けて、その気持ちがそこに存在することを許します。

3. 自分の胸に手を当てて、自分の気持ちも大事だし、自分も大事であることを自分に言い聞かせます。
少なくとも3分間はその場に留まり、自分をありのままに保つ新しい習慣を身につけましょう。

4. このエクササイズをした後、また食べたいと思ったら、それでもかまいません。しかし、何かを口に入れる前に、これらのステップを踏んでみてください。自分自身をあきらめない勇気を持ち続け、自分にとって本当に必要なもの、ずっと必要だったものを自分に与えてあげてください。

(完)

原文は雑誌『Radiant Life』に掲載されたものです。英文記事はこちら:How to Root Out the Underlying Cause of Overeating

(翻訳・李明月)