朝、顔がむくむのはなぜ? 改善方法を紹介

コメント

起きて、が少しむくんでいることに気がついたことはありませんか?これは正常なのでしょうか? 何か改善できることはあるのでしょうか?
「ハフィントンポスト」紙によると、朝に顔がむくむ理由は様々で、コントロールできるものもあれば、全くコントロールできないものもあるそうです。ここでは、その原因をいくつか紹介します。

重力の影響

スタンフォード大学医学部皮膚科臨床教授のザキア・ラーマン(Zakia Rahman)氏によると、多くの人は日中、立ったり座ったりしているため、重力によって体液が下に引っ張られ、1日の終わりに足のむくみを感じるそうです。
逆に、夜寝ているときは体が横になっているため、重力で体液が足に移動しないので、朝起きたときに顔がむくんでいることが多いのです。

遺伝子の影響

ラーマン氏は、両親や祖父母、その他の祖先なども朝に顔がむくむのであれば、あなたもそうなる可能性が高いと言います。これは、遺伝子の影響です。

 

鏡に映る女性。(Shutterstock)

 

疾患に起因

花粉症やアレルギー、湿疹、喘息などの症状に悩まされている方は、顔がむくみやすくなるとラーマン氏は言います。
炎症を起こす疾患はすべて、顔のむくみを引き起こす可能性があり、炎症は花粉症やアレルギー、湿疹、喘息などの疾患と密接に関係していると言います。

夜間の飲酒

バージニア州の美容皮膚科センターの創設者であるニコール・ヘイア(Nicole Hayre)氏は、アルコールは自然に分泌される抗利尿ホルモンを減少させ、体がより多くの水分を失い、脱水状態になると述べています。
体は脱水状態になると、持っている水分を温存して脱水と戦おうとするそうです。夜、お酒を飲んだ後に顔がむくむのはこのためです。

 

夜にお酒を飲むと、顔がむくむことがあります。(Shutterstock)

 

塩分の多い食品を食べる

「特に夜遅くに塩辛いものを食べるのは、一晩で顔がむくむ大きな原因のひとつです」とヘイア氏は言います。
また、ラーマン氏は、食事で塩分を摂りすぎると、体内のバランスを保つために体が膨張すると付け加えています。基本的には、体内に入ってきた塩分を感知すると、細胞内に塩分が多くなりすぎないように水分を保持するのです。
 

顔のむくみを改善する方法とは?

美容に関心のある人にとって、顔のむくみは嫌なもの。2人の専門家が、その改善策を紹介します。

を2つ使用する

ヘイア氏は、夜寝るときに枕を2つ使うと、顔のむくみが改善されると提案しています。これは、頭部の傾斜角度が大きいため、夜間に顔から全身に体液が流れるためです。

 

枕を2つにして寝ると、むくみを解消することができます。(Shutterstock)

 

低温でむくみを解消できる

ヘイア氏は、朝起きて顔がむくんでいたら、冷やしたキュウリのスライスを目の上に置いて15分ほどリラックスすることを提案しています。キュウリの冷たさと豊富な水分で、むくみを解消します。
冷たい水を顔にかけるのも手っ取り早く、むくみ解消に効果的だそうです。
ラーマン氏は、氷で冷やしたタオルやスプーンで顔をマッサージすると、むくみが抑えられると提案しています。

カフェインに頼る

カフェインは一時的に顔のむくみを取ることができる、とラーマン氏は言います。ですから、朝起きてからコーヒーや紅茶を飲むと、顔のむくみを解消することができます。
コーヒーやお茶が飲めない人は、カフェインが含まれるスキンケア用品を買って使ってみるのも効果的です。

(翻訳・里見雨禾)

陳俊村