ザクロは宝物、体にうれしい8つの効果

コメント

最後にザクロを食べたのはいつだったか思い出せますか? あるいは、全く食べたことがありませんか? ザクロを食べるのは面倒くさいと思い、このおいしいフルーツを頻繁に楽しんでいない人もいるかもしれません。しかし、ザクロの健康効果はとても素晴らしいので、それを本当に理解すると、もっと頻繁にザクロを楽しみたくなるはずです。

ザクロについて

ザクロ(Punica granatum)は、トルコ北東部からアフガニスタン原産で、通常は赤い色をしており、硬い外皮に種のあるザクロの粒が付着しているのが特徴です。植物学的に言うと、ザクロは果実の一種です。

古代では、消化器系の疾患から腸内寄生虫、皮膚疾患など、多くの病気の治療に使われていました。 ザクロは神話でも有名で、ギリシャ神話ではアドニスの血から成長したと言われており、そのため「死者の果実」とも呼ばれています。 

また、ザクロは古代ローマやギリシャでは豊穣の象徴とされ、ギリシャ神話の愛の女神アフロディーテと関連付けられていました。 今日、科学者たちは、ザクロの種を食べたり、ザクロのジュースを飲んだりすることが、多くの健康上の利点をもたらすことを認識しています。

ザクロは、硬い皮を剥き、果肉を核からむく必要があるため、むく手間がかかると不満を持つ人も多いかもしれません。 しかし、その栄養効果や多くの健康効果を考えると、その努力は報われます。 幸いなことに、ネット上にはザクロの皮を素早く簡単にむく方法を紹介した動画がたくさんあります。

ザクロの8つの健康効果

では、この美味しくて歯ごたえのある小さな種付きベリーは、どんな効能があるのでしょうか? ここでは、ザクロの実とジュースの健康効果についてご紹介します。

1.血圧を下げる

ザクロの果汁にはタンニンが豊富に含まれており、抗動脈硬化作用、老化防止作用、強力な抗酸化作用があるとされています。 2011年、ジョンズ・ホプキンス大学の研究者は、ザクロジュースを飲むと血圧が下がり、心臓血管の健康維持に役立つことを発見しました。具体的には、ザクロジュースは血清アンジオテンシン変換酵素の活性を阻害することによって収縮期血圧を低下させます(処方薬と同じ作用です)。

2017年のレビューとメタ分析によると、ザクロジュースを毎日摂取している人は、収縮期血圧と拡張期血圧が有意に低いことがわかりました。 ザクロジュースの1日あたりの摂取量が8オンス未満の場合は収縮期血圧を下げる効果が高く、8オンス以上の場合は臨界拡張期血圧を下げる効果が有意に高かったとのことです。 研究者らは、「このジュースは、心臓によい食事として適度に取り入れることができる」と結論づけました。

2.更年期症状の軽減

エストロゲンは女性にとって必要不可欠な物質ですが、植物には体内のエストロゲン(エストラジオール)受容体に結合し、エストロゲンと同じ働きをする物質があり、これを「植物性エストロゲン」と呼びます。この植物性エストロゲンは、女性のエストロゲンと構造が似ています。

ザクロには植物性エストロゲンが豊富に含まれており、閉経前後の女性の更年期障害や骨粗鬆症の予防、調整などに役立つことが研究で分かっています。 《栄養健康・エイジング誌》に掲載されたエジプトの研究者による2017年の動物実験では、ザクロの精油エキスが骨の健康に対してポジティブな治癒効果を発揮することが示されました。

3.乳がんの予防

女性の体内で作られるエストロゲンは、それ自体が乳がんの腫瘍細胞の増殖を促すことがありますが、ザクロに含まれる成分はこれを抑制する働きがあるのです。
 カナダのモントリオールにあるマギル大学のジョー・シュワルツの論文では、ザクロに含まれるポリフェノールの一部が、エストロゲンの合成に関わる酵素であるアロマターゼの活性を阻害することが研究で明らかにされています。 すなわち、専門家はザクロ種子エキスが17-β-エストラジオール(乳がんの生成に関与する)の活性を約50%減少させることを発見したのです。

4.抗菌効果

2011年に医学雑誌Journal of Dentistryに掲載された研究では、ザクロには細菌、酵母、真菌など特定の微生物を排除するのに役立つ化合物が含まれていることが明らかになりました。 この研究により、これらの化合物が口臭や虫歯の原因となる微生物を除去する働きがあることが確認されました。

5.心臓の健康を保つ

研究所での研究により、ザクロエキスは、炎症と動脈硬化(プラーク)の蓄積と戦うことによって、健康な心臓を維持するのに役立つことが示されています。
2017年にPhytotherapy Researchに掲載された別の人体実験では、1日8オンス(約220ml)のザクロジュースを5日間飲んだ人の血液検査で、ザクロジュースには心筋虚血および虚血再灌流障害に対する保護効果があり、不安定狭心症の患者さんの狭心の強度、発症、持続時間を著しく減少させたことが示されています。

6.炎症を抑える

慢性炎症は、多くの深刻な病気や体内の多くの健康障害と関連しています。 2021年12月にジャーナル誌Antioxidantsに掲載された最近の研究によると、ザクロにはプニカラギンと呼ばれるフェノール化合物が含まれており、実験室での研究や動物実験において、抗炎症作用や抗酸化作用があることが示されているとのことです。 また、ザクロジュースを飲むと、糖尿病患者の炎症を抑えることができると言われています。

7.結石の発生を抑制する

2014年10月にジャーナル誌Urolithiasisに掲載された成人の再発性腎臓結石の治療に関する研究で、米国の泌尿器科の研究者は、ザクロエキス1000mgを90日間使用したところ、結石の形成が抑制されたことを明らかにしました。

8.脳機能の低下を防ぐ

ザクロには、抗酸化作用や抗炎症作用のあるエラギタンニンが含まれています。2019年にジャーナル誌International Journal of Molecular Sciencesに掲載されたポーランドの研究者による研究では、エラグタンニンが酸化的ダメージを軽減し、脳神経を保護することによって、パーキンソン病やアルツハイマー病のさらなる発症を予防する可能性が示唆されています。

ザクロのおいしい食べ方

ザクロはいろいろな美味しい食べ方があります。 そのまま食べるだけでなく、スムージーに加えたり、サラダやヨーグルト、プリン、シリアルの材料として使うこともできます。

ザクロの種は、果物や野菜のサラダに加えたり、肉や魚のグリルに添えたり、またワインやカクテル、ノンアルコールカクテルに加えたりすることもできます。

また、皮をむいたザクロの種を冷凍しておけば、1年は保存が可能です。 その際、ザクロを耐熱皿に広げ、冷蔵庫に2時間入れてから、凍ったザクロをフリーザーバッグに入れてください。

この記事はNaturallySavvy.comに掲載されたものを、The Epoch Timesの許可を得て英語、中国語、日本語で複製・翻訳したものです。 英語版:「The Power of Pomegranates」をご覧ください。

(翻訳編集・井田千景)