肺は白い物が大好き!肺の健康のための5つの白い食べ物(2)

コメント

(続き)

5.水梨

梨は西洋梨と東洋梨の2種類に大別され、を潤し、しゃっくりを止め、痰を切る作用があるとされ、漢方薬として用いられています。

梨の効能として以下のようなものが挙げられています。

★梨の摂取量の増加は、喘息症状の発生率の低下と強く関連しています。
 喘息などの呼吸器系疾患の治療における梨の役割は、ポリフェノールとフラボノイドのユニークな組み合わせに関係していると思われます。

★梨を1食以上摂取することで、元喫煙者の慢性肺閉塞のリスクを有意に減少させる可能性があります。

★気管の炎症の兆候は、アジア梨の摂取によって著しく減少します。

研究により、アジアの梨品種は西洋梨よりも多くのフェノール、アルブチン、クロロゲン酸を含んでいることが分かっています。 梨の栄養素は主に果実の皮に集中しています。 単に個々の栄養素を補うよりも、梨を丸ごと食べることが効果的です。 これは、梨の抗炎症作用が、いくつかの栄養素の組み合わせと関係しているからです。

台湾で行われた別の研究では、梨をベースにした呼吸器科の処方箋を摂取すると、マクロファージの貪食が促進され、PM2.5粒子が除去されることがわかりました。 また、肺細胞のアレルギー、肺疾患、DNA修復関連遺伝子の発現を有意に改善し、がんの予防に役立ちました。

肺の健康のために氷砂糖とハチミツで甘くする 

ユリ根、白きくらげ、梨、レンコン、山芋などの白い食材は、氷砂糖や蜂蜜を加えて肺を養うのに適しています。 漢方医によると、氷砂糖もハチミツも肺を潤し、咳を鎮める効果があるそうです。 高晧宇氏は、蜂蜜は腹痛を和らげることもできるが、胃食道逆流症の患者には注意が必要であると付け加えています。

ユリ根とシロキクラゲは一緒にスープにして調理することができます。ユリ根1個、シロキクラゲ1本、ハスの実30gを洗って、柔らかくなるまで浸し、鍋に適量の水を入れて煮込むとできます。

台北・上海の同徳堂の漢方医、胡乃文博士によると、ユリ根と白キクラゲのスープは肺を保護し、風邪を予防するのに良いそうです。 白キクラゲのゼラチンをスープに溶け込ませるために、長時間煮込むと肺に良い影響を与えるとのことです。

肺を守るために胡氏が勧めるもう一つのデザートは、氷砂糖を使った洋ナシの蒸し煮です。

梨を真ん中で切り開き、種と果肉を取り除き、氷砂糖を少し加え、四川省の貝やアーモンドなどを入れて40〜50分ほど鍋で蒸し焼きにし、召し上がるものです。氷砂糖、川貝、アーモンドの組み合わせは、肺を養うだけでなく、痰の効果を高め、痰による咳の悩みを解決してくれるのです。

台湾の理想漢方クリニックの院長である林佩蓁氏は、レンコンを茹でて刻み、蜂蜜をかけたり、レンコンの粉末を蜂蜜に浸すと、呼吸器系の状態を改善し、腸を潤し、便秘を治療して胃腸を保護できると述べています。

山芋は、紅棗(ナツメ)、クコの実、氷砂糖と一緒に甘いスープにしたり、スライスして茹でて冷やし、蜂蜜を垂らして食べたりもできます。

高晧宇氏は、これらの食品は誰でも食べられますが、冷え性の人を除いて、食べると下痢になったり、寒さを感じたりするそうです。その場合は、生姜を加えることを勧めています。

(翻訳編集:井田千景)
蘇冠米