子供たちを肺炎から守れ! 肺を丈夫にする食べ物「豚汁」

2023/11/28
更新: 2023/11/27

肺炎の蔓延により、誰もが危険にさらされていますが、実は日本の伝統料理である「豚汁」は、非常に滋養があり、を丈夫にする健康維持効果のある薬膳なのです。 5つの内臓に栄養を与えるだけでなく、肺に蓄積された熱毒の気を除去し、経絡を浚渫(しゅんせつ)し、気と血を調和させ、肺を効果的に保護し、肺炎を防ぎ、よく眠ることができます。

 なぜ秋や冬に肺炎になりやすいのでしょうか?

 肺を強くして病気を予防したいなら、中医学の観点から肺の特徴を理解する必要があります。 西洋医学が肺を観察するとき、肺の経絡は見えず、経絡を流れる肺の気が肺の機能を制御する重要な要素であることを知りません(気はエネルギーです)。 したがって、西洋医学では身体の臓器に異常がある場合にのみ、X線検査で病気を発見しますが、この時点で病気は重篤で、非常に危険な状態になってしまっていることがよくあります。 古代中国医学では、肺の気の5つの要素は金に属し、肺は金の気に属し、ことわざにあるように、「火剋金」金の気は熱に対して弱くて肺の経絡に熱がこもりやすく、血管が破裂、出血しやすく、時間が経つと喀血、炎症が起こり、呼吸困難などの症状が現れます。 レントゲンを撮るといわゆる穴が見える場合があります。 つまり、肺の経絡が過熱し、気と血の調和が崩れると、肺は燃え尽きて炎症や結核などの肺疾患を発症してしまうのです。 

人体に関して言えば、肺の病気が最も起こりやすいのは秋と冬です。 その理由は、肺は鼻孔だけでなく全身の毛穴で呼吸を行っているため、毛穴も肺によってコントロールされており、夏の暑い季節には人間の体は毛穴を開く必要があるためです。熱中症を防ぐためや体温調節のために汗をかくので、毛穴を開いて汗をかいて身体を冷やすのが肺の働きです。 そのため、夏の猛暑を経験した後は、発汗作用が続くため、晩秋には、肺は非常に疲れており、この時に貪欲のあまり脾や胃が冷えると、脾や胃の寒気により経絡が滞ってしまいます。胃は人体の真ん中にあり、その真ん中の経絡に問題があり、肺の経絡が詰まって下がれないので肺の機能に問題が生じて、正常に呼吸したり、毛穴の開閉を制御したりすることが困難になるのです。

 秋になると、自然の気候は涼しくなり乾燥もして、毛穴が自然に閉じ始めますが、肺経絡は、身体の陽のエネルギー、つまり身体本来の温エネルギーを体内に戻し、腹部、腎に戻す役割を果たします。寒の季節の貪欲性により、脾臓と胃が損傷し、肺の経絡がスムーズでなくなり、陽気が降下することができず、毛穴が閉塞して引き締められ、汗が排出されなくなるのです。陽のエネルギーは表皮から排出できず、火のエネルギーは経絡によって遮断されます。出口がなければ、肺に蓄積するだけです。人々は吐き出す息が乾いて暑いと感じます。喉や鼻はとても乾燥します。 時間の経過とともに、様々な肺疾患に発展してしまうのです。不眠症は、肺の火のエネルギーが過剰になり、陽のエネルギーが腎に下降できないことによっても引き起こされ、日中人体が興奮状態に留まります。 

 

子供たちの免疫力を高める努力を!
maroke PIXTA(ピクスタ)pixta_76546623_M

 

豚汁は経絡を浄化し、肺から熱を取り除きます 

そこで日本では秋に入ると豚汁を煮て体を整える習慣があります。 豚汁に含まれる大根、サツマイモ、里芋、豆腐はすべて白い食べ物で、白は金の五行に属し、肺経に入ることができ、肺の熱を取り除き、肺の気を降下し、健康を保つことができます。消化も助けます。 豆腐には肺の熱を取り除く効果がありますし、 ごぼうも肺の経絡に入り、肺の熱を取り除き、同時に肺に蓄積された熱気を降下させることができるのです。そうでなければ、単に熱気を除去すると、熱気が再び蓄積してしまいます。里芋は、気を養い、腎を強化し、肺に栄養を与え、免疫力を高める効果があります。 ニンジンは黄色で、脾と胃を強化します。五大元素は土に属し、土生金、肺に栄養を与え、強化します。この豚汁にはキノコも加えられています。キノコの色は黒色です。五つの要素は水に属し、腎の気と関係しています。それに応じて、腎に摂取して腎に栄養を与えることができるのです。最後に豚肉です。豚肉の五つの要素も水です。腎に栄養を与えます。腎は人体のすべての水と体液を担当しています。 自然な排尿は正常であり、心と肺の熱気をさらに排除することができます。同時に、肺に栄養を与え、体の気と血を改善し、スムーズな循環と陰と陽の調和により、自然に肺を強化し、体を強化し、肺疾患を予防し、不眠症を解消してくれます。

 もちろん、レンコンを豚汁に加えても良いですね。レンコンには血液中の熱毒素を取り除き、血液の過剰な熱による血管の破裂を防ぐため、出血を止める効果があります。 レンコンには鉄分も多く含まれているので、貧血にも効果があります。 また、レンコンは中空で血管を浚渫(しゅんせつ)する働きがあるため、血液を滞らせることなく止血し、血液を補う働きもあるため、女性は体調を整えるために、レンコンをよく食べます。ニキビの予防も、顔がバラ色になり、肌が白くなります。

 

豚汁の作り方

 大根、ニンジンは角切り、レンコンは薄切り、ごぼうはささがきにしておくとよい。分量は任意で、たとえば大根半分、ニンジン1本、レンコン1節、ごぼう半分、豚肉300~500グラムを油と一緒に炒め、里芋などの具、豆腐、しいたけ、水を加え、水加減は具が浸る程度で、一番小さな弱火で煮るのです。 沸騰したら、さらに弱火で40分ほど具材が柔らかくなるまで煮ます。 味噌、みりんで味を調えネギを散らします。 この作り方はあくまで参考です。

参考: 中医学については以下の記事をお読みください。
 

漢方の奥義書『黄帝内経』(1)

【漢方】を救った清朝末の名医、張錫純について(1)

 

白玉煕
文化面担当の編集者。中国の古典的な医療や漢方に深い見識があり、『黄帝内経』や『傷寒論』、『神農本草経』などの古文書を研究している。人体は小さな宇宙であるという中国古来の理論に基づき、漢方の奥深さをわかりやすく伝えている。
関連特集: 漢方・薬膳