自分の時間にはどれほどの価値があるのか? 時間を大切にすることの重要性

コメント

「時は金なり」、「時間は世界で一番貴重なものである」、時間に関するこれらの名言は何度も聞いたことがあるかもしれません。

これらの名言の意味について、じっくりと考えたことはあるでしょうか。もしそれが本当なら、なぜそんなに多くの人が無価値なことをやって時間を無駄にしているのでしょうか。

もしあなたが企業家なら、企業家として、あなたは一秒一秒が大切であることを実感し、毎日の時間も足りないと感じているでしょう。この世界はかつてないほどの速さで動いており、我々は複数の場所に同時に目を向けなければなりません。

また、これまで以上に時間を大切にしなければならないのです。例えば、会社で重要性が低い会議を省略したり、仕事時間の上限を決めたり、余暇をより有効に利用したりすることなど、このような取り組みがなされてきています。

時間の価値

自分の時間にどれほどの価値があるのか考えたことはありますか。もし、自分の時間の価値を知ったら、あなたは毎日の習慣を変えるでしょう。多くのものと同様に、時間を簡単な数式で表すことができます。

まずは、最も基本的なことを例に挙げて説明しましょう。
あなたには、労働時間と休暇時間の2種類があります。労働時間をよく理解するために、あなたの年収は300万円とします。年間 52 週、週約 40 時間の労働時間で計算すると、休日と病気休暇を除いた年間の平均労働時間は 2080 時間です。すると、あなたの労働時間は 1 時間あたり1442円 の価値があるという計算になります。

では、将来の目標を設定します。将来の賃金が現在の150%に増加すると仮定すると、1.5倍して時給2163円になります。 これがあなたの生産時間(Productive time)です。

次に、休暇時間です。 どんなに一生懸命働いても、あなたの時間を全て仕事に割くことはできません。そのため、休暇時間、つまりリラックスして過ごす時間や無収入時間も考慮しなければなりません。 同じ計算式で40%割り引くと、1時間あたり約865円になります。

実際の例

ここまでの話に追いつけているでしょうか。 実例を見てみましょう。

生産時間

私たちの日程表には、「時間の無駄」と思うような参加したくない会議があります。ではなぜ「時間の無駄」だと分かるのでしょうか。

通常、このような会議は大人数で参加します。例えば、年収300万円の出席者が7人いたとします。 その1時間の会議に、会社は1万5141円費やす必要があります。 もし、この会議に価値がないと思うのなら、会社の管理層に「この会議を開催するには、会社にそれだけのコストがかかるよ」と伝えればよいでしょう。

休暇時間

1シーズンにわたって放送している番組を視聴したことはありますか。 例えば、『氷と炎の歌:Game of Thrones』。総視聴時間は約71時間となり、上記の計算式を使って、余暇時間に換算すると、番組を全部視聴するには約6万1429円かかります。

これらの時間を生産時間に換算したら、合計価値は15万3573円になるはずです。時間の価値は数値化すると分かりやすくなります。 もしある友人に、面白そうな新番組を絶対に観てねと強く勧められるとします。それを視聴するのに15万円かかるとしたら、まだ見たいと思えますか。このように考えるように脳を訓練すれば、時間を無駄にすることはありません。

次に考えるのは、費やした時間をいかにして成長につなげるかということです。

視点を変える

私たちはよく「もっとやりたい」「自分の潜在能力を出し切りたい」と思いますが、その思いを実行することはなかなか難しいものです。

「価格は支払うもの、価値は得るもの」という言葉があります。 価格がなければ、そのものの価値はゼロだと思われがちですが実際はどうでしょうか。もし時間の価格が見えるようになれば、その分の時間を有効に活用することにこだわるでしょう。

以前、私はこの考え方に非常に執着していました。プライベートや仕事、全てのスケジュールに費やす時間の価値をアプリなどで計算したものを作成するほどです。このやり方を皆さんにも勧めるかというと、その必要はないと思います。皆さんそれぞれの状況は異なりますし、時間の価値も異なるわけです。

最適化するより優先順位を付ける

これまでの話を読んで戸惑っている方もご安心ください。人生は仕事ばかりではなく、自分だけの時間も大切です。人生の予期せぬ瞬間を楽しめるように余裕を持ちましょう。時間の使い方にこだわり過ぎると、人生の貴重な瞬間を見逃してしまうかもしれません。

よく誤解されるのは、一日のすべての時間を計画しようとすること、「有害な生産性」(toxic productivity)とも言われています。 例えば、お見合いには多くの時間を取られますが、そこで出会う人があなたの将来の配偶者であれば、あなたの時間の価値を4倍に増加させます。世界で一番幸せな人になれるとしたら、このデートには価値があると思いませんか。

時間と費用がかかる定期的な会議にも類似した状況があるかもしれません。会社の方向性を劇的に変えるアイデアがその会議中に生まれる可能性があります。人生とは、適切なタイミングで適切な決断をすることです。常に最適化することはできませんが、実際の価値によって優先順位をつけることは可能でしょう。

変化を起こさせる

あなたが最後に、テレビ番組を見たり、何時間もゲームをしたり、Netflixで1シーズンのドラマを視聴したりしたのはいつでしたか。「もっと時間があったらいいのに」と思ったのはいつでしたか。おそらく最近ですよね。

想像してみてください。もし時間の価値を考えるようになったのが私だけでなく、世界全体だったとしたら、どんな違いが生まれるでしょうか。 多くの技術革新が起こり、より健康的な社会が実現できるでしょう。

全てのものもそうですが、人生を変えるには新しい習慣を身につけることが大事です。何事も始めるのは難しいものです。部屋で何人かで価値や生産性について考えるよりも、何度も何度も繰り返すことで習慣づけたほうが、変化が起きやすいのです。小さなさざ波が、大きな波となるのです。時間との関係を見直すことで、私たちの人生や周りに有意義な変化をもたらすことができるでしょう。

「時は金なり」、時間は最も貴重なものであることを絶対に忘れないでください。そして、時間を大切にしましょう!