中国経済、崩壊の兆し |【時事ノイズカット:12】
時事ノイズカット
時事ノイズカット
金丸真弥

7月に入ってからの中国経済は、回復の兆しが見えません。落ち込みが顕著です。不動産の売上や輸出入の取引は大きく落ち込んでいます。最近発表された7月の中国の消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)は、驚異的な下落を記録しています。一般的には、CPIとPPIの同時下落は、経済がデフレに入る一つの兆候です。

中国経済が本当にデフレに入ったのか、あるいはもっと深刻な問題があるのでしょうか? このような経済が減速する波の中、今後の中国社会はどのような方向に進むのか、注目されています。

Chapter

1.大量通貨発行でもデフレ

2.国際包囲網で中国の輸出減少

3.不動産企業倒産が常態化

4.経済刺激策で官僚の利益のみ増大

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額! 👉https://eptms.jp/CurrentEconomy-Sub

🔵 もっと見る 👉https://www.epochtimes.jp/tv

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​
⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp
⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/
⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epocht

⭕️GANJINGWORD👉 https://www.ganjing.com/ja-JP/channel/1fnf443akc6ctzfSGMl4nIrT01vp0c

関連動画