免疫力を高めるということは、心を磨くことですね。

専門家が明らかに「免疫力を高めることが中国の流行を防ぐ鍵である」(2)

(続き)

なぜ一部の人の免疫力が強いのかについて、董宇紅(とううこう)博士と台湾の上海同徳堂国薬号の中医師である胡乃文(このぶん)氏は異なる面から免疫力向上を解説しています。

西洋医学では外因と内因があり、外因は外部のウイルス、微生物、および外部の病原因子であり、内因は人体が外部の病原因子に対抗する能力です。

董宇紅博士は、

「人は生まれながらにして先天的な免疫力を持っており、免疫力は身体の『防衛部隊』であり、呼吸器の上皮細胞から内部に至るまで、段階的な免疫細胞があり、人体を外部のウイルスや細菌から守っています」

と述べています。

また、人は物質的な身体、精神、思考、意識を持ち、物理学的には、人体は赤外線、紫外線、電磁波、微量の金属元素など、肉眼で見えない成分を放出することができると説明しているのです。

 

人体は赤外線、紫外線、電磁波、微量の金属元素など、肉眼で見えない成分を放出するとされている(node / PIXTA)

彼女は、

「人体は物質エネルギー場の混合体であり、多くのエネルギーを放出できます。細菌やウイルスは紫外線で殺され、特定のエネルギーレベルの場では即座に消滅することができます。その場所に生存する余地がないからです」

とも述べています。

彼女はさらに、「エネルギー場が特に強い人は、体から数十センチから1メートル離れた場所でウイルスをブロックできます。これがなぜ一部の人が高いウイルス量の環境にいても感染しないのかの理由です」

「前向きな思考や感情の人は、彼らのエネルギー場が通常よりも高い傾向にあります」

と述べています。

米国の著名な心理学者であるDavid R. Hawkins博士とノーベル物理学賞受賞者が協力して、人体運動学の基本原理を利用し、精密な物理学器具を組み合わせて実験しました。過去30年間の臨床実験で、人間の様々な意識レベルが、それぞれ相対的なエネルギー振動周波数を持つことを発見しました。

董宇紅博士はHawkinsの研究を要約して、「人が否定的な考えを持つと、臆病、怒り、憤怒、嫉妬、憎しみ、自己卑下など、これらはネガティブなエネルギーであり、人がこれらの間違ったことに抵抗する勇気と力を持つと、その人の身体はポジティブなエネルギー水準に変わり始め、その後、さらに真実、善意、寛容、平和、理性、忍耐といったよりポジティブなエネルギーに向かっていく」と述べています。

Hawkinsは人間の意識が達成できるエネルギーレベルの周波数範囲が、1~1000であると結論付けました。

董宇紅博士は、

「このエネルギーレベルの最高は1000であり、このレベルに達した人は歴史上わずかです。中国の伝統文化では、修行が重んじられ、優れて開悟した人は、大いなる覚者であるとされています」

と述べています。

胡乃文氏も精神的な面から人の病気の内因について語っています。彼は、過度の喜び、怒り、心配、思索、悲しみ、恐れ、驚きは、人を病気にする可能性があると述べています。

彼はさらに、

「喜びは心臓を、怒りは肝臓を、悲しみは肺を、過度な思考は脾臓を、恐れは腎臓を傷つけます。これらは個人の性格、感情、および日常生活の修練と関連しています」

「物質的、精神的両方が正常な状態にあれば、ウイルスは人に影響を与えないでしょう。これが西洋医学でいう免疫力が十分であるということです」と述べています。

 

物質的、精神的両方が正常な状態にあれば、ウイルスは人に影響を与えない(Pangaea / PIXTA)

(完)

王佳宜