THE EPOCH TIMES
医療倫理に従った行動

【本音を生きる】元外科医 エンヴァー・トフティ・ブグダさん(上)

2016年02月12日 07時00分

 波瀾万丈とは彼のために作られた形容詞だろうか。中国の核実験を世界に訴え、ウイグルの独立を思い、中国で外科医をしていた時に意に反して臓器狩りをしたことを懺悔する 。ウイグルと日本の文化的な共通点を見いだした日本びいきでもある。トフティさんの「本音」人生を語ってもらった。

—中国でお生まれですか?

 中国政権下ではありますが、新疆ウイグル自治区という場所の出身です。コムルに生まれ、ウルムチで育ちました。漢人の教育を受け外科医になりましたが、ウイグル人として常に差別は感じていました。

—いろいろお名前がありますよね。

 日本ではこれまで「アニワル」という表記が定着していましたが、ウイグル語での発音は「アンヴァール・トフティ・ブグダ」なんです。中国の官僚がウイグル語の発音に漢字を当て、また別の官僚がその漢字を中国語読みでアルファベットに置き換えたので、英語名はエンヴァー・トフティとなりました。中国の人名用に漢字四字分を設けた用紙には書ききれなかったので、親から受け継いだ苗字「ブグダ」の部分は省略されました。昨年、英国のパスポートを更新した際、初めて自分の苗字をパスポートに記載してもらい、ようやく自分の本当の名前が使えるようになりました。前に中国語の取材を受けた時、安華帝托(天帝に托して中華を安定させる)という字を当ててもらい、気に入っています。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^