前例のないレベルの高さに主流社会が絶賛

2017年06月08日 20時56分

 同じ規模の五つの神韻芸術団(以下「神韻」)が4月5日以来、北米、南米、ヨーロッパ及びオセアニアで公演を続けている。各地での公演は超満員で、社会のエリートや上流階級の人々が鑑賞に訪れている。ロイヤル・ファミリー、政府要人、さらに商業界、芸術界などのエリートが「世界のトップショー」と呼ばれるこの芸術の祭典を相次いで鑑賞した。

サント・ドミンゴの大劇場での公演(大紀元)

 観衆は神韻に同調して五千年の中華文明をさかのぼり、人類の知恵の源を体験している。「神韻を観賞出来たことはこの上ない光栄です」、「神韻は私に生命の答えを教えてくれました」、さらにまた神韻は観衆に視覚や美妙な壮観をもたらすと同時に、「現した神性はすべての言語や心の声を超越し、心の扉を開き、神性を啓発して人生の意義を悟らせてくれました」という観衆が多くいた。観衆は家族や友人に勧め、自分が愛する人たちが自分と同じように、素晴らしい神韻の公演を観賞してほしいと願っている。

 エジプトの王子「次世代が知恵をもって中国の文化に対応することを希望する」

 エジプトの王子は家族や友人とともに、4月7日のジュネーブBFM劇場での公演を観賞された。王子は「魂であり、視覚、聴覚、すべての感覚器官の巨大な快楽です。今宵、家族とともに訪れたことは、私にとって非常に重要です。私の子供たちに古代の中華文化を紹介することができました」と述べた。

 「我々はヨーロッパにいて、中国の伝統文化について知っていることはわずかです。我々にこのような精彩なる公演を見せてくださったことを心より感謝します。ここに来たのは、主に未来の世代の私の子供たちに、古代の中華文化に対応してほしいからです」

 古典音楽家「神韻の芸術家のレベルは高尚で、全人類の心に触れる」

スイスのクラシック音楽家 ジュリア・ヘイリッヒさん(大紀元)


 スイス・ロマンド管弦楽団のフレンチホルンの首席奏者のジュリア・ヘイリッヒさんは神韻の美に震撼した。「神韻は完璧で美しく、私を魅了しました。高レベルの舞踊は特に印象深く、中国の楽器と西洋楽器の融合もとてもすばらしいです。中国楽器の音色を聴くのが好きになりましたが、どこでも聞くことができるものではなく、音楽のさらなる堅実さが要求されます」

 ジュリアさんは西洋の古典音楽家として、中国楽器に興味を持ち始めた。「作曲家が楽器を中国方式で運用したことが非常に好きで、楽器を違った音色に奏でています。私個人としては軽やかな部分が好きですが、この時は比較的に平静で、婉曲な琵琶の音色を聴きやすく突出させて表現しています」

 国際コンクールで金賞を受賞し、オランダ、スイス、ドイツなどの管弦楽団でフレンチホルンの首席奏者を務めるジュリアさんは神韻の演出に感服した。「同時に認めなければならないのは、私は本当に舞踊に感服しました。中国古典舞踊は私にとってとても新鮮で、今まで見たことがなく、非常に素晴らしいです。今の私はバレエよりも中国古典舞踊の方が好きになりました。動作があのようにきめ細かく、精密で正確、優美で、流暢で、軽快で、見ていてとても感動しました。ダンサーたちの自然な微笑みが、人々の心に触れています」

 「この芸術家たちは自分のすべてを芸術に捧げ、これは別の次元であり、だからこそ人類の心を震わせ、十分に感動させています。私が思うには人類はこの貴重な秘蔵の宝物を保存すべきです」

 ハリウッド著名音楽家 「失われた素晴らしい芸術の再現」

ハリウッドのベテランミュージシャン ジェームス・イントベルドさんは80歳の母とカブリ劇場での神韻公演を観賞した(大紀元)

関連特集

^