華やかな舞台の裏で…

LVのランウェイも経験 NYスーパーモデルが選んだ修養法とは

2017年10月07日 07時00分

 エキゾチックな顔立ちと細身の長身。穏やかで神秘的な雰囲気をまとうインド生まれのプージャ・モーさん (Pooja Mor, 25)は、カルバン・クラインやジバンシーなど、有名ブランドから引っ張りだこのスーパーモデルだ。

 インドの大学生だったプージャさんがニューヨークに来たのは、昨年のこと。ニューヨークのモデル・エージェンシーが彼女の写真をインスタグラムに掲載したところ、ルイ・ヴィトンから声がかかり、そこからチャンスが広がった。今ではインドとニューヨークを行き来しながら、数々のファッション・ショーで活躍している。

Credit:Ace Amir

 ニューヨークに住むということは、プージャさんにとって「快適な場所」(Comfort Zone)からの脱却を意味する。それはワクワクする経験である一方、文化や食生活の違いに戸惑ったこともある。また、華やかに見えるファッション業界は競争が激しく、心身共にプレッシャーを感じていた。地に足の着いた生活を送るために、彼女は精神的な支えを必要としていた。

 そんなとき、彼女が出会ったのは、法輪大法という修煉法。気功で身体を浄化し、心の鍛練を目指す。プージャさんは必ず朝、時間をみつけて座禅をし、心の安定を取り戻す。それが、この多忙な毎日の中で、自分を見失わないための保障なのだ。

(Credit: Instagram | poojamor)

「ここ(ニューヨーク)で感じるのは、多くの人々が将来の不安を抱え、ストレスにさらされているということ。その不安を捨てて、自分の運命に従って生きれば、楽になれるはず。一瞬一瞬を大事に生きていれば、人生の喜びをもっと深いレベルで感じることができるわ」

「運命に逆らわず、地に足をつけて生きていくことが大事」

 普通の大学生から、ニューヨークを拠点として活躍するスーパーモデルへと転身したプージャさんの生き方だ。

(Samira Bouaou/Epoch Times)

(郭丹丹)

関連キーワード

関連特集

^