インド人男性 家族を乗せてイギリスを一周する小型飛行機を自作

英国在住のインド人男性、アショク・アリセリル・タマラクシャン氏は、家族を乗せてヨーロッパを回るために小型飛行機を自作しました。
2022/08/10 陳俊村

ウコンは不思議な香辛料「あなたの肝臓を守ります」

ウコン(ターメリック)には抗炎症、抗酸化の効能があります。 ウコンパウダーを日常の飲食に効果的に活用すると、肝臓や心臓血管を保護することができます。
2022/03/15

インド、北京五輪を外交ボイコット 聖火リレー「政治利用」と反発

[ニューデリー/北京 3日 ロイター] - インド政府は3日、北京で4日に行われる冬季五輪の開会式に在中国大使を出席させないと発表した。両国の国境係争地における衝突で負傷した中国兵が聖火リレーの走者を務めたことを受けた。 2020年に起きた中国人民解放軍とインド軍との国境衝突では、中国兵が4人死亡し、インド側は少なくとも20人の犠牲者が出た。 インド外務省の報道官は「中国側が五輪のようなイベントを
2022/02/04 Reuters

冷戦を超えて フィリピンとインドが接近 超音速巡航ミサイル購入(1/2)

インドは3億5000万ドル以上の超音速巡航ミサイルをフィリピンに供給する。これは同国の軍事輸出として過去最高額だ。冷戦時代、米露それぞれに親近感を持っていたため溝の生じた両国だが、兵器提供は心理的障壁を乗り越えるのに役立
2022/01/24 Venus Upadhayaya

冷戦をこえて フィリピンとインドが接近 超音速巡航ミサイル購入(2/2)

ヘイダリアン氏は、世界最大の武器輸入国の一つであるインドにとって輸出契約は「大きな勝利」だと例える。世界の武器輸入総額の9.5%のシェアを持つインドは、2016年から2020年の間に第2位の武器輸入国に浮上。国産防衛製造
2022/01/24 Venus Upadhayaya

中国、ブータンとの係争地で村建造 「南シナ海と同じ手口」

中国政府はブータンとの国境地帯で「村開拓」を進めている。ブータンとの係争地で6カ所、200棟以上の建物を建設中であることが分かった。
2022/01/15

インド、米産豚肉の輸入受け入れで合意=米高官

[ワシントン 10日 ロイター] - インドは米産豚肉と豚肉製品の輸入受け入れで合意した。米通商代表部(USTR)のタイ代表とビルサック米農務長官が10日発表した。 タイ氏は「インドが初めて米産豚肉の輸入を認めることで合意したことは、米生産者とインドの消費者にとって良いニュースだ」とした。 ビルサック農務長官は、米産豚肉のインド市場へのアクセスを求めた20年にわたる交渉が実を結んだと強調。
2022/01/11 Reuters

置き去りにされた赤ちゃん 野良犬の親子に見守られ、一命をとりとめる

インドのチャッティスガル州で、生まれたばかりの女児が裸で野原に放置されていました。発見された時、彼女の周囲には野良犬の母犬と子犬たちがおり、寒い夜に彼女が凍死しないように守り、温めているように見えたそうです。
2022/01/01

ロシア、印と軍事協力強化や南シナ海でインドネシア石油採掘支援 中国と同床異夢か

中国と友好関係にあるとされるロシアは最近、中国政府の不満を買う行動をとり続けている。プーチン大統領は先日、北京冬季オリンピックへの出席を表明したが、同時に中国政府を怒り心頭させる2つの大事を進めた。 
2021/12/10

印ロ、防衛協力強化で合意 通商も拡大へ

[ニューデリー 6日 ロイター] - ロシアとインドは6日、プーチン大統領の訪印に合わせ、通商と防衛に関する複数の合意に調印した。60万丁を超えるロシアの自動小銃カラシニコフをインド国内で製造する案件などが含まれており、米国がインドに対する制裁措置を導入するリスクがある。 ロシアのプーチン大統領は、ラブロフ外相とショイグ国防相と共にインドを訪問。両国は軍事・技術協力協定を2031年まで延長し、
2021/12/07 Reuters

印露が初の外交・防衛閣僚協議を開催 協力拡大や兵器導入について協議

6日、ロシアのプーチン大統領のインド訪問に合わせ、両国にとって初となる外交・防衛関係閣僚会合(2+2)を開催した。防衛協力強化で合意し、さらにインドにおけるロシア製自動小銃の共同生産についても協議した。
2021/12/07 Wenliang Wang

プーチン大統領、モディ首相と会談 戦略的関係強化に意欲

ロシアのプーチン大統領は6日午後、インドを訪問し、首都ニューデリーのハイデラバードハウスでモディ首相と会談した。対面式のロ印首脳会談は2019年以来2年ぶり。
2021/12/06 Wenliang Wang

ヒョウに連れて行かれた6歳児を母親が1キロ追いかけて救出

世の中の母親は子供を愛し、守るためには何でもするものです。 最近では、インドのある女性の6歳の息子がヒョウに連れ去られたとき、彼女は身の危険を顧みず1kmも追いかけ、最終的にはヒョウを撃退して息子を取り戻しました。
2021/12/06

驚くほど器用な、腕のない男性の仕立て屋

誰もがミシンの操作を知っているわけではありませんし、腕のない人にとっては、なおさら想像もつかない作業でしょう。しかし、インドに住む腕のない男性は、それで生計を立て、村で「足の細工」の仕立て屋として有名になりました。
2021/12/03

修行中?インドの寺院に肉を食べないワニが生息

インドのケララ州にあるお寺の池にワニが住んでいて、時々お寺の周りをのびのびと歩いています。 寺院関係者によると、このワニは70年以上もここに住み続けているそうです
2021/11/30

ブータン領で軍事インフラ整備する中国 専門家「狙いはインド」

インドの地政学専門家ブラマ・チェラニー氏が22日、日経アジアレビューに寄稿し、中国政府がブータンの領土に村を作り、中国人を移住させ、軍事インフラを整備していると明かした。
2021/11/24

来年の日米豪印戦略枠組み「クアッド」サミット、日本で開催=米政府高官

中国によるインド太平洋地域への拡張を牽制する日米豪印4カ国による戦略枠組み(クアッド、Quad)の会合が、来年日本で開催される見通しとなった。米国家安全保障会議でアジア政策を統括するキャンベル・インド太平洋調整官が19日
2021/11/22 佐渡道世

印ムンバイにセブン―イレブン1号店 ニーズ把握し地域密着路線へ

大手コンビニチェーンのセブンイレブンが9日、インド・ムンバイで1号店を開業した。セブン&アイホールディングスの米国子会社と、インド大手財閥リライアンス・リテール・ベンチャーズの子会社がフランチャイズ(FC)契約を締結した
2021/10/19

痛くないの? 医学では解明できない 少女の目から石が出てきた 

インドのウッタル・プラデーシュ州カンナウジにの目から小さな石が出ることで話題になっている。多い時は1日に15個も出るという
2021/10/14

ネパールで抗議デモ、中国による内政干渉と土地占領に反発

ネパールの首都で最近、中国による内政干渉や土地占領に反発する多くの市民が抗議デモを行った。
2021/10/01

インド周辺で港湾開発を進める中国 専門家、軍用転用の懸念指摘

インドと中国は、長い間ヒマラヤ山脈の国境地帯で冷戦状態が続き、インド洋をめぐる対立も激化している。中国は、スリランカやミャンマーを含むインド洋沿岸の国で、海上輸送の要衝として次々と港湾を建設、インド沿岸をぐるりと囲むため「真珠の首飾り」戦略といわれる。インドはますます不安を募らせている。 
2021/09/20