印刷版   

7月26日、ナイジェリアの空港で逮捕された朝鮮半島出身の男が48袋(合計1.6キロ)のコカインを「排出」した。写真はナイジェリア・ラゴスの街。3月撮影(2006年 ロイター/Akintunde Akinleye)

ナイジェリアの空港で逮捕の男、コカイン48袋を「排出」

 ナイジェリアの空港で3日前に逮捕された朝鮮半島出身の男が、48袋(合計1.6キロ)のコカインを「排出」した。ナイジェリアの麻薬取り締まり当局者が26日、明らかにした。

 当局の広報担当者は「排出はまだ止まっていない。飲み込むには恐ろしい量だ」と述べた。

 ナイジェリアで麻薬は生産されていないが、麻薬の違法売買が頻繁に行われている。

 米国務省によると、ナイジェリアでは麻薬の違法売買の罪は比較的軽いという。



[ロイター26日ラゴス]

 (06/07/27 11:42)  





■関連文章
  • ナイジェリア石油施設で外国人従業員8人誘拐(06/06/03)
  • サッカー=チェルシー、ナイジェリア代表MFミケル獲得へ(06/06/03)
  • 中国、新たな国際的麻薬密売の中心地(06/05/14)
  • ナイジェリアで石油爆発事故、300人以上が死亡       (06/05/13)
  • ナイジェリア武装組織、中国系現地法人に警告(06/05/02)
  • アフリカ初、ナイジェリアで鳥インフルエンザ感染確認(06/02/09)
  • ナイジェリア治安部隊、盗掘容疑者12人を射殺(06/01/03)
  • ナイジェリアで旅客機着陸事故、103人死亡(05/12/12)
  • ナイジェリア軍、国内油田地域に展開(05/11/30)