印刷版   

9月20日、ローマ法王ベネディクト16世は、イスラム教に批判的な引用を行った問題で、自分の考えを反映したものではなく誤解、との認識を示した(2006年 ロイター/Tony Gentile)

イスラム教に批判的な引用は自らの考え反映せず=ローマ法王

 ローマ法王ベネディクト16世は、先週のドイツでのスピーチでイスラム教に批判的な引用を行った問題で、自分の考えを反映したものではなく誤解、との認識を示した。

 法王のスピーチにはイスラム教徒が反発し、明確な謝罪を要求しているが、法王はこれまでのところ遺憾の意を表明するにとどまっている。

 法王は、これが信仰や文化の間の対話につながるよう望むと述べた。

[バチカン市国 20日 ロイター]

 (06/09/21 08:11)  





■関連文章
  • 修道女射殺事件、ローマ法王発言に対する報復か(06/09/19)
  • イスラム社会の抗議に、ローマ法王が遺憾の意を表明(06/09/19)
  • 伊警察、航空機爆破計画発覚後の警戒強化で40人拘束=内務省(06/08/12)
  • 国連安保理、レバノン決議で「2段階」案を協議(06/08/03)
  • イスラエル、レバノン南部への侵攻部隊を拡大へ=軍ラジオ(06/07/23)
  • バグダッドのシーア派地区で自動車爆弾が爆発、26人死亡(06/07/23)
  • 米国、国連事務総長によるイスラエルとヒズボラの停戦案に不満を表明(06/07/21)
  • 米政府:中共の送還要求拒否、新疆ウイグル族イスラム教徒捕虜釈放、アルバニアへ(06/05/08)
  • フセインら被告公判再開、大量虐殺は認めるが、罪を認めず(06/03/03)
  • アフガニスタン:タリバン兵士ら170人以上、投降儀式に参加(06/02/07)
  • 聖地メッカ巡礼で将棋倒し、死者345人(06/01/13)
  • 豪州:人種間衝突が歯止め利かず(05/12/15)
  • シドニー・クラヌラ海岸の人種間抗争、負傷者続出(05/12/13)
  • ローマ法王庁枢機卿:バチカンと台湾、良好な関係を継続・発展(05/11/29)
  • ローマ教皇:世界青年の日、宗教和解に歴史的意義(05/08/24)