印刷版   


OPEC、必要なら12月に追加措置をとる=サウジ石油相

 サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は6日、原油市場での需給の不均衡が続くようであれば、石油輸出国機構(OPEC)が12月の総会で追加措置をとると言明した。

 OPECは12月14日にナイジェリアのアブジャで総会を開く予定だが、加盟国石油相らは、必要なら追加減産に踏み切る用意があるとの考えを示している。

 ヌアイミ石油相は記者団に「数値を検討し、市場を評価する。不均衡であれば、追加措置をとる」と述べた。現在の需給についての質問には「市場は均衡していない。在庫水準は非常に高い」との見解を示した。

 また、11月1日に始まった日量120万バレルの減産をOPEC加盟国が順守しているか、との問いには「OPECが全体として、サウジアラビアとまさしく同様のことを実施している」と答えた。

 [アブダビ 6日 ロイター]

 (06/11/07 10:41)  





■関連文章
  • サウジアラビア、日本の製油会社に供給削減を通告=業界筋(06/10/23)
  • 07年世界原油需要の増加予想、再び引き下げ=IEA月報(06/10/12)
  • OPEC、在庫次第で12月14日の総会で減産幅を拡大する可能性=関係筋(06/10/06)
  • OPECが生産枠据え置き、年内減産の可能性に含み(06/09/12)
  • BP操業停止による供給不足、サウジ他加盟国で補うことが可能=OPEC筋(06/08/08)
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • 聖地メッカ巡礼で将棋倒し、死者345人(06/01/13)