【ことばの豆知識】空手

2007/04/11 01:57
 【大紀元日本4月11日】子供の習い事として根強い人気のある「空手」、最近は、護身術として習いに来る女性も多いようです。ところで、空手はなぜ「空手(からて)」というのでしょうか?

 現代の空手の源流は、琉球で行われていた「唐手」だそうです。「手」とはもちろん、第一義的には手首から先の部分を指すのですが、琉球では「手(ティー)」として「武術」の意味でも使われました。現代日本語で、相撲の「決まり手」とか将棋の「次の一手」というように、「手」が手を使って行う手段やわざのことも指しうるということからも、「手」の「武術」義は納得できます。つまり、「唐手」とは本来、「唐(中国)から伝わった武術」ということだったのです。ただ、第二次大戦中に、日中関係の事情から「唐」の字は不適切だということで、般若心経の「色即是空」から「空」の字が取られて、「空手」と改められ、現代に至ったということです。

 ところで、中国語では、『空手』は本来、武器や道具を持たない「素手」のことで、それが「手ぶら」という意味で使われるようになりました。現代中国語でもその意味で使われるため、日本の武術としての「空手」は、文字を見ただけでは中国人には意味不明のスポーツでしょう。

 一方、日本語の「空手」も古くには「素手」「手ぶら」義で使われていたようですが、現代語としては一般的ではありません。(ちなみに、この意味のときは、「空手」を「むなで」とも読み、「徒手」の字を当てることもありました。)ただ、この意味の類推からでしょうか、空手は素手のみで行う武術なので「空手」というのだとする説がありますが、空手の源流が「唐手」であり、それには本来棒術等の武器術が存在していたということを考えると、必ずしも説得力のある説とは言えません。

(智)


関連記事
注目記事
^