印刷版   

1月2日、パキスタンの選挙管理委員会が今月8日に予定されていた総選挙を延期する方針を固めた。写真は1日に記者団の質問に答える選管のディルシャド事務局長(中央)(2008年 ロイター/Faisal Mahmood)

パキスタン選管、混乱受け総選挙を延期する方針

 ベナジル・ブット元首相暗殺後暴動が多発し混乱が続くパキスタンの選挙管理委員会が、今月8日に予定されていた総選挙を延期する方針を固めた。同委員会では、新たな選挙日程を2日に決定・発表する予定。

 専門家は総選挙は2月下旬に延期されるとみており、この決定により新たな暴動が起きる可能性を指摘している。

 同委員会の方針発表を受け、ムシャラフ大統領を支持する与党パキスタン・イスラム教徒連盟クアイディアザム派は、治安に対する懸念を理由に選挙延期を支持すると表明した。

 一方、ブット元首相が総裁を務めていた野党、パキスタン人民党(PPP)は選挙延期の決定に反発。妻のブット元首相に代わり新たに共同総裁を務めるアシフ・ザルダリ氏は1日、野党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派「PML(N)」を率いるナワズ・シャリフ元首相と共同で「選挙は予定通り1月8日に実施されるべき」との声明を出した。

[イスラマバード 2日 ロイター]

 (08/01/02 17:23)  





■関連文章
  • イスラム圏で初の女性首相暗殺、パキスタン民主化難航(07/12/29)
  • ブット元首相暗殺、アルカイダが犯行声明(07/12/28)
  • ロシア下院選挙前、反体制派が抗議デモ=多数の逮捕者(07/11/28)
  • 中国駐日本在外公館、法輪功修煉者への旅券交付拒否(07/11/02)
  • 中国式民主主義について(07/10/23)
  • 中国当局、昨年5千人処刑(07/09/03)
  • 米国:中国長期軍事意図の透明化を求める(07/08/25)
  • タイ国民投票で新憲法草案承認、12月に総選挙実施へ(07/08/20)
  • パキスタンのモスク立てこもり、神学生40人・軍の3人が死亡(07/07/10)
  • パキスタンの学生立てこもり、政府が「最後通告」(07/07/09)
  • パキスタン大統領の搭乗機に砲撃、政府は「事実無い」と否定(07/07/07)
  • パキスタンのモスクで学生の立てこもり続く、指導者が逮捕(07/07/05)
  • 香港返還10周年「七・一パレード」、7万人参加(07/07/02)
  • 中国副外相、米大統領選の関係者と極秘会談=米紙(07/07/02)
  • パキスタン:記録破りの異常気温、51℃で死亡12人(07/06/12)