印刷版   

貴州省に入った「人権聖火」

中国貴州省:人権聖火を歓迎する民衆

 【大紀元日本4月10日】2008年3月末から「同じ世界、同じ人権」というスローガンと宣伝標識により中国大陸全土で全面的に伝えられ、リレーが始まった「人権聖火」に、先日貴州省貴陽市の市民も参加した。ある貴州省民主人士は、中国大陸の民衆は自由田人権を渇望している。すべての人々に人権聖火の旗を掲げ、自分の人権を守ることを呼びかけた。新唐人テレビが伝えた。

 同市市民の多くが、ネットで互いに人権聖火の情報の連絡を取り合ったり、ダウンロードした映像を見たり、ある者は標識と黄色いリボンをつけることによりリレーに参加した。ある民主人士は、大陸の民衆は自由と人権を渇望しているため、このリレー活動は民衆の支持を得ていると話している。


 貴州の民主活動家は「中国大陸の民衆にとって人権は特に重要なものであり、我々はこのような活動は諸手をあげて賛成し、歓迎する。我々は貴州、貴陽のすべての民衆が「人権聖火」の旗を高く掲げ自分の人権を守ることを望んでいる」と話している。

 ある市民は人権聖火が貴州省に入ったことを歓迎し、「人権聖火が貴州に入ったこと、歓迎する。私はこの活動を支持するし、この行為を支持している。我々は我々の方法で人権聖火を迎えよう」と話した。また、別の市民たちは人権聖火をリレーすることを希望し、現在リレーしている人々も写真に写っていない人々もたくさんいると伝えた。

 人権聖火は中国で全面的に伝えられた後、すでに北京、上海、山東省済南、河北省石家庄、湖南省および黒竜江省などの地に広がっている。

 
(新唐人記者/熊斌 李文、翻訳・坂本)


 (08/04/10 07:19)  





■関連文章
  • 人権聖火、中国湖南省長沙出現=民衆が積極的に参加(08/04/09)
  • 楊建利:人権聖火をきっかけに、中国共産党の本質を見極めよう(08/04/04)
  • 「人権聖火」黒竜江省に現れる(08/04/03)
  • 「人権なくして、北京五輪なし」=人権聖火リレー、中国山東省に出現(08/03/23)
  • 人権聖火ドミニカ共和国に到着(08/03/20)
  • 五輪競泳金メダリスト、IOCに中国の人権を呼び掛ける(08/03/13)
  • 中国貴州省:一家5人が溺死(08/02/15)
  • 大雪で400万人が孤立=中国貴州省(08/02/04)
  • 中国の人権侵害をやめさせよう!「世界100万人署名」が始動(08/01/01)
  • 人権聖火リレー豪州:賛同議員ら、中国領事館の脅迫に屈せず(07/11/10)
  • シンポジウム「中国の人権状況と北京五輪」:人権聖火の成功目指し、世論形成に熱い議論(07/10/29)
  • 人権聖火リレー台湾:台南で署名活動、6千人支持(07/10/24)
  • 人権聖火リレー欧州:北京五輪の目的は、ナチス・ベルリン五輪と同じ=スウェーデン(07/10/17)
  • 人権聖火リレー欧州:スウェーデン到着、党派超え議員ら応援(07/10/13)
  • 人権聖火リレー:ドイツ入り、「歴史の過ちを繰り返すな」(07/08/20)