印刷版   

2010年3月28日、雲南省。配給の水を受け取る村人たち(AFP/AFP/Getty Images)

メコン河流域4国 中国に対しダム放水を要求

 【大紀元日本3月30日】中国西南部で半年近く続いている大干ばつにより、貴州省では200万もの人々が危険を顧みず、地下の鍾乳洞まで水を探しに行ったという。また、東南アジア諸国も深刻な干ばつに直面しており、中国ランチャン河下流のメコン河も50年ぶりの最低水位にまで下降した。メコン川流域の4カ国は、「中国が上流のランチャン河に建設したダムが、メコン河の水位を下降させている」と指摘する。これに対し中国側は、メコン河と中国のダム建設とは無関係であると反論している。

 東南アジアに住む数万人の人々の生命線ともいえるメコン河の水位下降は、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジアの農業、漁業および飲用水の供給に影響を及ぼしている。ロイター通信の報道によると、メコン河委員会(MRC)のメンバー国のタイ、ベトナム、ラオス、カンボジアの4カ国は、4月上旬にタイで開かれるサミット会議で、中国に対して正式にダムの放水を要求する方針を打ち出した。中国もこの会議への出席に同意しているという。

 中国青藏高原を源とするメコン河(上流はランチャン河)は全長約4千500キロメートル。中国雲南省、ラオス、ミャンマー、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる東南アジア最大の河であり、東南アジアの生命線とも言われている。09年に雨期が早めに終わったため、メコン河の水位は半世紀以来、最も深刻に下降した。中でもタイ国内の一部区域では水位が30センチも下降し、この20年で最低を記録した。

 タイでは400県近くで深刻な干ばつが発生し、被害人口は600万人に上る。東北地区の状況が最も深刻で、メコン河の水位は40年来最低となった。泰華農民研究センターはこの干ばつにより、少なくとも60億バーツの損失を受けると予想している。

 世界第2の米生産国であるベトナムでも昨年9月以降、水不足により稲の生産量が3分の1にまで減少している。ベトナムでは主要な河川が干上がり、灌漑が困難となった。米の大幅な減産が予想され、この国で最も豊かなメコンデルタはアルカリ化の脅威に直面している。数千万の漁業と水上運輸で生計を立てている人々の生活にも影響が出ている。

 ラオス、カンボジアでは水不足で船舶が運航停止となる事態が発生している。

 タイのタマサート大学政治学者ソムチャイ教授は、メコン流域の各国が中国によるダム放水を促すのは不可能だと話す。中国自身も西南地区が大干ばつに見舞われており、この時期のダム放水はあり得ないという。

 4カ国からの指摘に対して、中国紙「環球時報」は、ランチャン河から他国へ流れ出る年間平均流量のうちメコン河口から海へ流れ込む年平均流量はわずか13・5%しか占めていないと主張。メコン河の水は中国以外の国から流れてきており、メコン河の干ばつと中国のダム建設とは無関係だと反論している。

 一方、タイのメディアは中国がMRCに対し、メコン河水位の研究資料として雲南省景洪水力発電所ダムと漫湾水力発電所の水位資料の提供を求める書簡を送っていると報道している。

 貴州省の200万人が水を求めて地下鍾乳洞へ

 干ばつ被害の深刻な貴州省は典型的なカルスト地形で、鍾乳洞が多く存在している。貴州省水利部門の統計によると、全省で200万人の人々が地下鍾乳洞へ水を探しに降りている。しかし、事故などの危険性も指摘されている。

 この他、世界有数の八角の生産地である広西チワン族自治区と雲南省は、干ばつのために生産量が3割から5割減少している。特にタミフルの原料であるシキミ酸は八角から抽出されるため、収穫が減少すればタミフルの生産にも影響が出るとみられている。

(翻訳編集・坂本)


 (10/03/30 08:41)  





■関連文章
  • 今後10年間に、一部大学が破産の危機に=中国(10/03/30)
  • 【フォトニュース】東京スカイツリー、日本一の高さに(10/03/30)
  • 【中華料理】トマトと卵のスープ(10/03/30)
  • 【ニューヨーク通信】人々を誘うパッションな音楽(Drumadics)ニューヨーク地下鉄(10/03/30)
  • ドイツ研究:照明の光もデータを送れる?LED無線通信(10/03/30)
  • 【写真報道】干ばつ続く中国西南部各地の様子(10/03/29)
  • 国連、江沢民起訴・薬物による法輪功迫害について討議会(10/03/29)
  • 北部地区も干ばつ、中国経済を揺がす水資源の不足(10/03/29)
  • 中国のサイバー攻撃、大紀元記者のGmailアカウントにも=グーグル社が通知(10/03/29)
  • 【フォトニュース】真央が2年ぶり2度目の優勝、日本男女アベックⅤ=世界フィギュア(10/03/29)
  • 英国バイリンガル子育て奮闘記(28)(10/03/29)
  • ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(86)(10/03/29)
  • 米研究:瞑想でのリラクゼーション、神への尊敬の念で効果アップ(10/03/29)
  • 新たな姿で再開した春季フラワーショー=米国ニューイングランド(10/03/29)
  • 毒ギョーザの真相解明にネットユーザーが唖然 「どんな中国人になればよいのか?」(10/03/28)