印刷版   

(撮影=蘇菊・大紀元)

アルツハイマー病の予防に効果的な食物

 【大紀元日本4月29日】全世界でアルツハイマー病に罹っている人は2千600万人以上。薬物治療で一部の症状を改善できるが、病気の進行を止めることができない。だが、脳に有益な食物を摂取すれば、発症のリスクを低減させることができると専門家が指摘した。

 米コロンビア大学でアルツハイマー病を研究している古彦(グ・イェン)氏は「現在、アルツハイマー病に有効な治療法がなく、予防を重視すべきであり、特に高齢者がより気をつけるべきである。飲食習慣の改善により発症のリスクを減らすことが可能である」と述べている。

 古氏の研究グループは、2千148人65歳以上の高齢者に対して、4年間追跡調査した結果、ω-3脂肪酸、ω-6脂肪酸、ビタミンE、ビタミンB12、葉酸などが多く含むオリーブ油、ナッツ類、魚、トマト、家禽、ブロッコリー、果物、緑色野菜を積極的に摂取し、飽和脂肪酸が多い豚肉、牛肉、ラム肉及び内臓肉、高脂肪の乳製品などを控えた人は、そうでない人より、アルツハイマー病の発症リスクは約40%低いことが分かった。

 アルツハイマー病は1907年、ドイツのアルツハイマー博士によって報告された。認知症の代表的な病気で、比較的女性に多くみられる。

(翻訳編集・市村)


 (10/04/29 05:00)  





■キーワード
認知症  アルツハイマー病  予防  飲食  


■関連文章
  • 【漢方の世界】高血圧には大根がお勧め(10/04/27)
  • 牛脂の食用を禁じれば、死亡率が下がる=英医学者(10/02/16)
  • <新型インフル>千人以上が死亡か=黒竜江省ジャムス市(10/01/21)
  • <新型インフル>軍隊の集団感染頻発 瀋陽市で百人以上入院(09/12/22)
  • 健康に有害な7つのマイナス思考(09/12/05)
  • 野菜と果物で彫刻されたロンドン 本物に勝る(09/11/27)
  • <新型インフル>ワクチン接種の児童や学生、次々感染 新たな死亡例=北京(09/11/02)
  • 長時間労働は認知機能に悪影響=フィンランド研究(09/10/09)
  • 果実酢のすすめ(09/10/05)
  • 8つの方法で、あなたは食事の良い習慣が身につく(09/10/01)
  • 60周年パレード参加者、新型インフル予防接種で体調不良=中国(09/09/27)
  • 老人性認知症の新遺伝子発見(09/09/11)
  • 自閉症児の親たち、予防接種の拒否権を求める=米アルバニー(08/06/21)
  • 中国・青島:大学で肺結核感染続出、情報開示求める学生(08/05/08)
  • 最新研究報告:低脂肪食は卵巣がんの予防に有効(07/11/21)