周永康氏、内モンゴルで身柄拘束か 愛人らを調査の情報も

2014年01月14日 16時11分
【大紀元日本1月14日】香港紙「東方日報」はこのほど、司法・公安を統轄する中央政法委の前トップ周永康氏は中国内モンゴル自治区で身柄を拘束されていると報じた。

 指導部は昨年12月末、周の側近、中国公安部副部長(次官)李東生について、「重大な規律・法律違反」で解任することを発表した。

 同報道によると、周の身柄拘束は李東生調査の発表よりも前で、いま北京から600キロ離れた同自治区包頭市の軍関係の基地に収容され、中央護衛局及び北京市軍部が厳重な監視体制を敷いている。

 家族との面会も禁止されているという。

 また、周の愛人とされる中国国営中央テレビ(CCTV)の人気女子アナウンサー2人も相次ぎ取り調べを受けていると報じられた。CCTVの副台長だった李東生による性的賄賂とみられる。周の妻もCCTVの元アナウンサーで、李が周に貢いだ女性だといわれている。

(翻訳編集・叶子)


 

関連キーワード

関連特集

^