天安門事件26周年 香港で13.5万人追悼集会

2015年06月05日 15時01分
【大紀元日本6月5日】「六四天安門事件」26周年の4日夜、香港島のヴィクトリア・パークで毎年開催の追悼集会が開かれた。主催者の香港民主派団体「支聯会」の発表では13.5万人が参加した。

 集会は午後8時20分からはじまり、子供連れの参加者の姿をよくみかけた。ある親は取材で「後世にもこの歴史の真実を心に刻んでほしい」と子連れ参加の理由を語った。本土からとみられる若者も多かった。支聯会の幹部はスピーチで「香港と本土の人々は一致団結して、民主を勝ち取るべき」と檄を飛ばした。

 遺族会「天安門の母」の代表・張艶秋さんのスピーチ映像が映し出された。26年前のあの夜、銃撃された夫が自分の腕の中で息を引き取ったと当時を振り返った彼女は「毎年のヴィクトリア・パークの無数のろうそくの光は、私たちの心の痛みを和らげ、勇敢に前へと進むよう激励してくださっている」と参加者に感謝の意を述べた。

 香港大学のキャンパスでも同日夜追悼集会が開かれ、学生らおよそ千人が参加した。

 1989年6月3日夜から翌4日未明にかけて、中国軍は装甲車と機関銃で、北京天安門広場の大規模民主化運動に参加した大学生や市民を武力弾圧した。中国政府は弾圧を認めておらず正確な死者数を公表していない中、数千人から数万人など諸説が飛び交っている。
香港大学校内の追悼集会現場 (大紀元)


香港大学校内の追悼集会現場 (大紀元)


香港島のヴィクトリア・パークでの追悼集会 (大紀元)


香港島のヴィクトリア・パークでの追悼集会 (大紀元)

 

(翻訳編集・叶子)
関連キーワード
^