ニューストップ 中国
花蓮地震

台湾、中国の災害援助を断り日本の専門家を受け入れ

2018年02月09日 15時33分
蔡英文総統は8日、避難所で被災者を見舞う(PAUL YANG/AFP/Getty Images)

台湾当局は7日、中国共産党政府からの救助チームの派遣について、「すでに十分な物資と人材がある」として拒否した。その後、日本の救命活動の専門家7人を受け入れた。中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は8日、日本を「特別扱いしている」として、台湾の姿勢を批判する記事を掲載した。

6日夜にM6.4 の地震発生から60時間が経った。これまでに180回以上の震度3以上の余震が続き、行方不明者10人の懸命な捜索活動が続いている。今回の地震では、震度7の激しい揺れを観測した台湾東部の花蓮市を中心に270人が負傷、10人が死亡した。市内のホテルや複合ビルなど4棟の倒壊や傾きが起きた。

台湾総統府の黄重諺報道官は8日、台湾は災害における救援救助システムが充足しており、支援の申し入れ国に謝意を示しながらも、中国共産党政府を含む数カ国の援助打診を断ったと述べた。 日本の災害救助の専門家7人は同日午前、がれきの中で生命の反応を検出するための最新設備2機を持って花蓮入りした。

合わせて読みたい:安倍首相「台湾加油」直筆メッセージをSNSに掲載

台湾の蔡総統「全力で自由と民主主義を守る」、双十節で演説

環球時報は8日「大陸を拒絶しながら日本の援助を受けるのか?」と題した記事で、台湾の対応を批判した。

台湾メディアや専門家は、総統府の一連の決定について、両岸(台中)関係が悪化する中で判断されたことだとの見方を伝えている。共産党政権は2016年、「一つの中国」論を否定する蔡英文総統が誕生した際、総統府との交流や協議を中断している。

(編集・佐渡道世)

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

英人気アニメ「ペッパピッグ」が不良分子?中国のネットから削除
焦点:北朝鮮が破棄約束した核実験場、すでに「使用不能」か
超監視社会の中国、親の信用度で子供は入学できず
中国、南沙諸島に対艦巡航ミサイルなど初配備=CNBC
「板門店宣言」完全な非核化と終戦宣言は実現されるのか
米国が南シナ海軍事化巡り中国に警鐘、「相応の結果伴う」
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」
彼女が残した言葉
オードリー・ヘプバーンが本当に美しいワケ
ホームレスに扮した牧師 彼が試したのは…?