大紀元時報
神韻へのいざない

誤解2:神韻の法輪功に関する演目は「政治色」があるのでは?

2019年01月13日 21時18分

神韻は中国の神伝文化の内包を舞台に息づかせるストーリーを題材としています。それには、故事伝説、歴史上の人物や物語、そして法輪功の修煉といった、現代に起きている出来事などが挙げられます。

「真、善、忍」の理念を指針とする法輪功(法輪大法としても知られます)は、1億人以上の中国人が、儒教、仏教、道教の思想に見られる中国の伝統文化の真髄に立ち返り、理解することを助けてきました。

しかし、中国の伝統文化とは全く対照的な体制と理念を掲げる中国共産党は、法輪功を迫害の対象としてきました。

1999年、中国共産党政権は、権力と資源を駆使して、残虐で系統的な迫害運動を展開し、法輪功の撲滅を試みてきました。しかし、学習者は固い信念を守り続け、平和的な手段で無数の不当行為を暴露してきました。学習者の慈悲深さと忍耐強さは、中国五千年の神伝文化の真髄を顕現するものです。法輪功が政治的なのではなく、共産党政権が政治的な手段を利用して法輪功を迫害し、迫害について語ろうとする者を黙らせてきたというのが現実です。

神韻の舞台では、敬虔な態度、神の慈悲、善悪の応報、人生の意味への探索などのテーマが、法輪功関連の演目で扱われてきました。これらの演目は人々の心に触れ、知性を目覚めさせてきました。観客の方々は、これらを前向きにとらえ、政治的であるかどうかは全く意中にありません。「政治色」という言葉を用いること自体、正確に情報が伝わっていないことの現れです。

法輪功に関する詳細に関しては、公式ホームページをご覧ください。

//www.falundafa.org

//www.falundafa.jp/

神韻芸術団ウェブサイトから転載

失われた神伝の中華文化の復興をモットーとする神韻芸術団。待望の2019年日本公演は1月16日から2月5日まで。
京都、大阪、八王子、東京、埼玉、福岡で開催される。チケット予約等、詳しくは公式ページへ。http://ja.shenyun.com/japan

関連キーワード

関連特集

^