大紀元時報

夏が来る前に覚えておきたい、うっかり日焼けのアフターケア

2019年05月19日 09時51分

毎日美白に努めていても、ほんの一日、気を抜いただけで焼けてしまうのですから、日焼けって厄介ですよね。

普段から日焼けしない人ほど重症になりやすいのも困ったところ。

あなたは正しい日焼けの対処法をご存知ですか?

まずは冷やす

日焼けといっても、ようはやけどと同じですから、まずは冷やすことが大切です。

ヒリヒリする程度ならば水でぬらしたタオルで十分でしょう。

身体を冷やしすぎない程度に冷たいシャワーを浴びるのも効果があります。

しかし色が真っ赤でパンパンになっていたり、水ぶくれができていたり、重症な場合は厄介です。

重症である場合は、タオルに包んだ氷などを当ててさらに冷やします。

氷を肌に直接触れさせると悪化してしまうので、じんわり根気強く冷やしていきましょう。

保湿する

冷やすことができたら次は保湿です。

ダメージを受けた肌は保水力が低下しているので、お肌の健康を取り戻すためにも念入りに保湿しましょう。

ここで注意すべき点は、何で保湿するかです。

普段の健康な肌には問題のない化粧水やボディローションも、日焼けした肌にはトラブルの引き金となるかもしれません。

まずは低刺激の化粧水や乳液、ボディローションを用意し、冷蔵庫で冷やしてから使いましょう。

一番おすすめなのはワセリンです。

ドラッグストアで買える保湿剤の中では、もっとも低刺激で安心できます。

他にも、日焼け肌用のアロエジェルなども有効です。

たっぷり使いたい場合には探してみましょう。

お風呂で身体を洗うときも、タオルでごしごしするのではなく、手のひらで優しく洗ってあげてくださいね。

痛みが収まらなければ病院へ

たかが日焼けと思わず、気になるならば早めに皮膚科にかかるのも大切です。

どれだけ低刺激のケア用品を用意したつもりでも、市販品には限界があります。

ドラッグストアなどで買えるケア用品には薬剤を希釈するための不純物が混じっているからです。

最後に頼れるのは処方薬。

悪化する前にぜひ病院へどうぞ。

まとめ

日焼けした直後の肌はいつも異状にデリケートです。

焦ってアレコレとケア用品を試せば、さらに悪化してしまうこともあります。

冷やしたあとは自然治癒を待ち、様子を見るのが一番です。

もしもの日焼けにも慌てず対処できるよう、覚えておきたいですね。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^