大紀元時報

諸葛孔明でも天意に逆らえなかった

2019年06月22日 08時33分
清の時代に描かれた諸葛亮と司馬懿の対峙の様子( パブリック・ドメイン)
清の時代に描かれた諸葛亮と司馬懿の対峙の様子( パブリック・ドメイン)

諸葛孔明(181年- 234年)は、三国時代の蜀漢の政治家、戦略家です。彼は天文、地理、軍事の学問に精通し、草廬(そうろ 孔明の出世前の住居)から出る前に、既に天下のことが分かっており、人間の知恵者の代表として称えられていました。彼は劉備を助けて、国土、資金、兵馬などがほとんど何もない状態から、魏国、呉国と鼎立できるほどの国富民強の蜀漢政権を築き上げました。しかし、天下を統一して漢王朝を再興する夢を最後まで実現することができませんでした。あれほど知恵と能力を持つ諸葛孔明でも、天意に逆らうことができなかったのです。

もちろん、孔明自身は天意に逆らえないことを自覚していました。彼が残した預言書『馬前課』の中からこれが読み取れます。『馬前課』では、一課で一つの歴史時代を予言しており、全部で十四課あります。その第一課は蜀国と彼自身のことを予言してこう書かれています。「無力回天,鞠躬盡瘁。陰居陽拂,八千女鬼。」

「無力回天」とは、自分の力では天意を変えることができず、「鞠躬盡瘁(きっきゅうじんすい)」とはそれでも漢王朝を再興させるために自分の全力を尽くしたということです。諸葛孔明は、劉備を助けて漢を復興させるために、5回北伐して魏国と戦いましたが、結局目的に達せず、戦地で亡くなりました。

「陰居陽拂」とは、陰湿なものや邪なのもが居座り、明るいものや正しいものが拂(はら)われるということです。諸葛孔明が逝去した後、邪な宦官の黄皓(こうこう)は後主の劉禅(りゅうぜん 劉備の息子)を操って実権を掌握しました。そして孔明に重任を託された将軍の姜維(きょうい)は権力の中心から排除されてしまいました。それによって国事は次第に乱れていきました。

「八千女鬼」とは、この4文字を合わせれば「魏」という字になるので、蜀が魏によって滅びることを指しています。紀元263年、魏軍の南伐に敗北し、蜀漢はこれで終結となりました。

つまり、諸葛孔明は蜀国の国運を知りながら、もしかしたらという挑戦の心を抱いて自分の力を尽くしましたが、結局天意に逆らうことができませんでした。

運命を信じない人は多くいますし、運命を信じても自分の運命に不満を抱いてあれこれの方法で変えようとする人も少なくありません。しかし、運命は天に定められたことなので、いくら有能な人であっても、運命を変えることはできないようです。

しかし、人生を変える方法はまったくないわけではないようです。法輪大法の修煉を指導する『轉法輪』の中で「人生を変えるにはもう一つ方法があります。 実はこれが唯一の方法で、すなわちこれから修煉の道を歩むことです」と教えています。あなたはこの修煉に挑戦する勇気があるでしょうか。真剣に挑戦すれば、諸葛孔明ですら変えられなかった運命を、あなたは変えることができるかもしれません。

(文・東方)※看中国より転載

関連キーワード
^