大紀元時報

イギリス最小の赤ちゃん、1歳の誕生日に訪れた2重の幸せ

2019年07月01日 16時29分
Engaged parents Kym Brown (L), the UK's smallest newborn Isabella (C), and Ryan Evans on April 20, 2019. (Ryan Evans/Facebook)
Engaged parents Kym Brown (L), the UK's smallest newborn Isabella (C), and Ryan Evans on April 20, 2019. (Ryan Evans/Facebook)

イギリス・エクスマウスに住むライアンさんとそのパートナーのキムさん。

2人の娘イザベラちゃんは、妊娠24週で緊急帝王切開により生まれました。

出生時の体重はたったの320g、1円玉の大きさしかない手のひら。

イザベラちゃんはイギリスで生まれた一番小さな赤ちゃんでした。

こんなに小さな体にもかかわらず、生後すぐに腸の手術を受けなければなりませんでした。
成功率わずか5%の手術は2回にも渡り、危険な状態が何か月も続きました。
そして6か月という長い入院生活を乗り越え、どうにか退院までこぎつけたのです。

そんなイザベラちゃんも1歳を迎え、誕生日パーティーが開かれました。

「イザベラの誕生日は誕生のお祝いだけじゃなく、彼女が懸命に生き抜いてくれた事をお祝いする日でもあったんだ」と父親のライアンさん。たくさんの友人家族がいっぱいのプレゼントを持って集まってくれました。

でもライアンさん、この日にもう1つしなくてはいけない事を心に決めていました。
それは・・・
キムさんへのプロポーズでした。

パーティーの途中で勇気を振り絞ってキムさんの前にひざまずき、「結婚して下さい!」とプロポーズしたライアンさん。
勇気を出すため、多少お酒の力も借りたそうです。
キムさんの答えは勿論、「イエス」。
その場にいた友人家族は2重の喜びに包まれ、祝福の嵐が巻き上がりました。

その後ライアンさんはSNSで婚約を報告。
「キムと僕は遂に婚約したよ!夫婦になるのが待ちきれない。キム、君は最高の母親だ」。

そしてライアンさんはイザベラちゃんにもこの様なメッセージを書きました。
「振り返ると本当に奇跡的で、でも同時に不安で押しつぶされそうな日々だったね。君のことを誇りに思うよ。君はどんな困難にも打ち勝つ、小さくても勇敢な戦士だからね。君を見る度に、君と一緒にいられる幸せを噛み締めずにはいられないんだ。君の父親でいる事は、本当に特別な事なんだよ。イザベラ、心の底から君を愛しているよ」。

イザベラちゃんという小さな存在がもたらした大きな幸せ。
本当の幸せというのは、いつも身近にあるものなのかもしれませんね。

大紀元日本ウェブ編集部

関連キーワード
^