大紀元時報

子どもにこうしてシートベルトを締めてはいけない

2019年07月07日 13時12分
(Illustration - Shutterstock)
(Illustration - Shutterstock)

冬が来ると、帽子や、スカーフ、そしてフワフワしたジャケットを取り出してくる時期となります。学校に出かける風邪気味の子供たちの服装を整えることは、子供たちの安全と親の安心のためにも重要であり、必要なことでもあります。

でも、もしも親が気付かぬまま、冬着を着た子供たちを車のシートに固定していること自体が、彼らの生命を潜在的な危険に晒しているとしたらどうでしょうか?

(Illustration – Shutterstock | Sokolova Maryna)

アメリカ国道交通安全局によると、車の衝突が、1歳から13歳までの子供たちの主要な死亡原因となっていて、毎年、不適切なシートベルトの取り付けや規格外のチャイルドシートによって、何十人もの子供たちが命を失っているとのことです。

ジャーナル・オブ・セーフティー・レサーチ誌の研究によれば、さらに1年間で60万人以上の幼児とローティーンが、防具を付けずに乗り物に乗っていたとのことです。近年、運転中の子供用防具の重要性への意識が高まっているにも関わらず、子供が安全に座っているかを確認しないまま運転しています。

(Illustration – Shutterstock | Odua Images)

多くの機関が子供が車に乗るときはフワフワしたコートを着ないことを推奨しています。シートベルトが機能しなくなってしまう可能性があるからです。

ロッセンは3歳の息子ブレークとともに、ある実演に参加しました。彼はブレークを車のシートに座らせ、いつも通りにシートベルトを締めました。彼はそれがしっかりと固定されていると思っていたものの、そうではありませんでした。ブレークをコート無しでシートに座らせると、明らかに緩んだ状態になりました。

(Illustration – Shutterstock | Evgeniya Yantseva)

次に衝突テストへと移り、ロッセンはフワフワしたコートを着た子供の人形と普通の子供の人形が、毎時30マイルのスピードで衝突するシミュレーションを見ました。再現された光景は恐ろしいものでした。ジャケットは滑り落ち、子供の人形は吹き飛ばされました。

一方で、研究所のディレクターは、潜在的に生命の危険に晒されてしまう子供を守る簡単な実演を見せてくれました。

子供のカラダにピッタリとフィットするように装具を調節し、肩当てを脇の下の高さに合わせればいいのです。こうすれば、子供に大きなオーバーコートを羽織らせなくても衝突時にも僅かな衝撃しか与えず、テスト用のダミー人形にも何の影響も与えませんでした。

Illustration – Shutterstock | didesign021

しかし、もし子供たちが十分に温まっておらず、車が駐車場に停めたままで冷え切っている寒い日には、どうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。コートを脱がせて、それでシートに座らせた子供の上から覆うか、あるいは予め車の中にブランケットを置いておき、子供をシートに座らせた後に、それをベルトとカラダの間に挟み込めばいいのです。

小さなことのようですが、これが生と死を分ける大きな違いになるのです。
 

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^