大紀元時報

植物に囲まれる女性、うつのリスク低下 アロエなどが効果的

2019年08月13日 23時55分
Shutterstock / eva_blanco
Shutterstock / eva_blanco

ハーバード大学の研究により、植物は女性の寿命を長くする効果があり、精神的にも肉体的にも健康になることが示された。

2016年に公開された本研究は、女性の健康と植物の関係を言及した。研究者は2000~2008年までの8年間に、10万人以上の女性のデータを収集した。研究者らは、最も植物に囲まれた場所に住んでいた女性らの死亡率が、都市環境に住んでいる女性よりも12%低いことを突き止めた。

長生きの理由はより良い精神状態と身体的健康だろうか。精神状態はうつ病レベルで測定されるが、より多くの植物に囲まれることで、30%近くの人々に改善が見られると推定される。植物の近くに住んでいると、女性の社会的関与と運動の機会が増え、大気汚染への暴露が減少する。

研究員のジェームズは、「緑への曝露の増加と死亡率の低下との間にこのような強い関連性があること、植物が精神状態の改善に関連している可能性を見つけ驚きました」と述べた。

植物は精神状態に有益とされてきたが、うつ病のリスクを下げることもわかっている。緑地の近くに住んでいない場合も問題ない。室内植物は、屋外植物の優れた代替品になり得る。

ハーバード大学の研究では、屋内の鉢植えの植物が、生産性の向上、清潔な空気、血圧低下など、健康や長寿に多くの利点を与えることが示されている。

ジェームズ氏は、植物に囲まれて生活する被験者は、呼吸器系の死亡リスクが34%も低いこと、がん関連の死亡リスクが13%低いことを明らかにした。

植物を植えることへの環境上の利点にも言及した。女性の健康に対する効果は、将来の生活空間を設計する際に、都市計画者の決定に影響を与える可能性がある。 

「植物を植えると、廃水の負荷が減り、炭素が吸着され、気候変動へ影響が緩和されるなど、環境に優しいです」とジェームズ氏は述べた。 「我々の新しい調査結果は、プランナー、景観設計家、および政策立案者に、より健康的な場所を作る潜在的なツールを提示できる可能性を秘めています。」

Earth 911は、メンテナンスが少ない6植物を紹介している。アロエベラ、ガーベラ、ユリ、インドゴムノキ、チトセラン、およびベンジャミンである。

植物は本当にあなたの人生を変えるかもしれない。女性の皆さん、家をきれいにし、健康を改善するのはいかがだろうか。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^