大紀元時報

しつけには、小さい声が効果的である3つの理由

2020年03月13日 06時14分
(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
(イメージ / Pixabay CC0 1.0)

なかなか親の言うことを聞いてくれない場合、子どもに大声をあげてしまうことはあるものです。でも、子どもにいつも怒鳴っていれば、教育やしつけの面で効果的ではなく、人格育成や健全な心理形成にも良くない影響をもたらしてしまうかもしれません。

心理学者の研究によると、異なる強さの声に対して人々は異なる反応を示します。親は子どもをしつける時、小さい声を使えば、より良い効果が得られるそうです。

1.大人は小さい声で子どもに話しかければ、自分の感情の高ぶりを抑えやすく、理性的に話すことができます。それによって、子どもの反発や反抗のような「自己防衛心理」が刺激されにくく、意思が疎通しやすくなります。

2.小さい声で子どもをしつける場合、相手の意見を冷静に聞くことができるから、子どもの感情的な発言が誘発されにくく、互いの感情的なぶつかりが避けられるでしょう。

3.子は親の鏡でもあります。理性的でない荒っぽい親の言動は、子どもの人格育成や健全な心理の形成に良くない影響を与えかねません。

(翻訳・坂本)

関連キーワード
^