大紀元時報

【紀元曙光】2020年6月21日

2020年06月23日 13時23分

(前稿に続く)そうしたものを、「伝統」などと、ことさら言う必要もない。
▼それは添加物を加えず、自然のままに積み重ねてきた「味わい」であり、日常生活のなかの知恵でもある。見たことはないが、江戸時代から続く「ぬか床」もあるらしい。ただ、おいしい漬物から敷衍して、それを育んできた各民族の原点を想像することも、無駄な時間ではない。
▼大切に守り伝える。文化もまた、そうあるべきと思う。今、米中は最悪の関係だが、それでよい。中国共産党の呪縛のなかにいる中国人は、トランプ大統領を大悪魔のごとく見ている。まあ、トランプさんも、あまりガラの良いほうではないのだが、中共が相手なら憎まれるぐらいが丁度いい。
▼2017年11月、そのトランプさんが大統領として初めて訪中した時のこと。習近平主席の案内で北京の紫禁城(故宮)を見学したが、その時、習氏がトランプ大統領に言った言葉が、まずい。「(世界四大文明の中で)唯一、連綿と続いているのが中国文明です」。
▼2017年1月に米国の第45代大統領となったトランプ大統領は、まだ就任して日も浅く、その時は訪問する立場だったので、ほどほどに社交辞令を混ぜて習氏のご機嫌をとっていた。そんなトランプさんに習近平がついた大嘘は見抜けまいが、「連綿と続いている」とは片腹痛い。
▼確かに、中華文明五千年のうちの4929年は、たとえ王朝が替わっても継続していた。しかし、1949年からの共産党中国は、その継承者としての資格をもたないばかりか、文化大革命期を中心に、伝統文化を徹底的に破壊したではないか。(次稿に続く)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^