大紀元時報

【紀元曙光】2020年8月11日

2020年08月16日 08時05分

(前稿より続く)もちろん、忠臣蔵の義士が「公」としたのは、亡君である浅野公への忠義であり、それ以上の広がりはない。
▼むしろ赤穂浪士は、「ご公儀」である徳川幕府の国政を、「先のお裁きに、不公正あり」と批判することになった。この点、坂本龍馬のほうは、おもしろい。土佐藩という狭い世界から早々に脱藩し、日本国という新しい概念を構築するとともに、さらには「万国公法」をもって世界の大海へ日本丸を船出させようとした。
▼司馬さんの「竜馬」では、北辰一刀流の奥義を究めようとする剣術家の姿はどこにもなく、刀よりも短銃を懐にしのばせ、さらには、その短銃も無用のものとして「万国公法」の冊子を武器とする痛快無比な青年が描かれる。
▼ただ、坂本龍馬が今日でいう国民的英雄になったのも、「日本を豊かな国にして、万民を幸せにしたい」という奉公の思想が彼にあったからであろう。単に、自社である海援隊の利益追求だけの男だったら、かくも魅力あふれる主人公にはならなかったはずだ。
▼新渡戸はまた、「武士道は、私たちの良心が主君の奴隷になることなど要求しなかった」と書いている。主君への忠誠は、盲目的な服従ではない。その主君に過ちがあれば、命をかけてこれを諌めることによって真の忠義が発揮される。官に仕える武士は辛いものだが、ご政道を正すために、敢えて諌死の一手を打つ場合もある。それが武士の「覚悟」だという。
▼日本人が敬愛する李登輝氏の、青年時代の愛読書が新渡戸の『武士道』であったことから、いまその一書を再読している。もうしばらく、ご同道願いたい。(次稿に続く)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^