大紀元時報

【紀元曙光】2020年8月14日

2020年08月16日 08時07分

(前稿より続く)明治以降、武士道にやや近い概念として、大和魂という言葉も多用されるようになった。
▼日本が不利な戦局となった大戦中期から末期には、その精神のみを武器とする肉弾攻撃を盛んに行ったが、敵の巨艦はなかなか沈まなかった。ただ日本人が、海外に出て事業を始めたり、未開のジャングルに入植して農地を拓くことを目指したとき、この大和魂が、強靭な精神力の源となったことは日本人の誇りとして記憶してよい。
▼新渡戸『武士道』は「武士の情け」についても触れている。「もっとも勇気ある者はもっとも心優しい者であり、愛ある者は勇敢である」。「それはサムライの慈悲が盲目的な衝動にかられるものではなく、常に正義に対する適切な配慮を含んでの慈悲であった」。
▼私たちはここで駆逐艦・雷(いかずち)の艦長・工藤俊作(くどうしゅんさく)を思い出す。時は1942年2月、太平洋戦争の初期で、まだ日本軍が優勢であった頃である。インドネシアのスラバヤ沖海戦で、英海軍の駆逐艦エンカウンターをはじめ数隻が、日本海軍の攻撃で沈んだ。海面に漂う生存者も、まさに力尽きようとしていた。
▼それを発見した工藤艦長の命令は「敵兵を救助せよ」。敵潜水艦による報復攻撃という極度の危険のなかで、乗員200名ほどの小艦である雷は、422名の英兵を救助した。
▼軍人である以上、戦いとなれば敵を倒して勝利しなければならない。しかし、工藤艦長が海軍兵学校で教えられた武士道は、敵とはいえ漂流する生存者を見捨てなかった。「武士の情け」も命懸けであり、決して軽いものではない。(次稿に続く)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^