【紀元曙光】2020年11月24日

最悪の事態になる前に「手立て」を申し上げる。
▼テレビ各局が「感染の第3波がきている」と今日も伝えている。確かに東京都、大阪府、北海道、兵庫県いずれも不気味な感染増加を見せる。「いらん、煽るな」と拒否される方に、むしろ聞いていただきたい。おせっかいを承知で語りかける大紀元は、そういう使命をもつメディアなのだ。
▼数字だけを見れば第3波なのだろう。ただし第何波だろうが、それを論じることにあまり意味はない。このウイルスの「目的」は一つだからだ。
▼大紀元が当初から「中共ウイルス」と呼んでいるこの病毒には、良くも悪くも、はっきりした目的がある。目的とは、中国共産党とその支持者を淘汰することだ。それには中国国内のみならず、海外の、国家から個人に至るまで、中共に関係するもの全てが含まれる。傍観しながら中共を消極的に容認するもの、無関心であるものも逃れられない。ここで言う淘汰とは、消滅と同義語である。
▼先ほど「良くも悪くも」と書いた。こんな迷惑なウイルスの何が「良くも」であるのか。淘汰されないための「手立て」が見えるからである。中国人であれば、中国共産党からの「三退」を表明し、自らの意思で悪魔の鎖を断ち切ること。日本人および外国人であれば、「中共悪魔を終わらせる」請願に参加すること。
▼案の定、菅バイデン会談の直後から日本の感染拡大が始まった。もはや日本は国民が守らねばならない。ワクチンを待たずとも今からできる。

関連記事
世界的なコンテナ不足などでコンテナ運賃が高止まりし、各国の輸送コストを押し上げている。特に中国—米国間の上昇が顕著である。8月以降、中国から米国へのコンテナ運賃は中共ウイルス(新型コロナ)発生前の10倍に急騰し、過去最高を記録した。
豪州のジャーナリスト、シャリ・マークソン(Sharri Markson)氏が1年間かけて中共ウイルス(新型ウイルス)感染症の起源を追ったドキュメンタリー『武漢で一体何が起こったか?』が先日公開された。
スペインの小さな島の火山が最近噴火し、島の何百もの家が破壊されましたが、1軒だけ無傷の家がありました。 この家は、「奇跡の家」と呼ばれ、注目を集めています。
米ネブラスカ州のダグ・ピーターソン司法長官は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の治療薬としてのヒドロキシクロロキンやイベルメクチンを条件付きで認める方針を示した。長官は14日、これらの薬剤を適応外処方する医師に対し、イ
中国各地で電力不足が深刻化する中、東北地方の市民がロウソクを買いだめする現象がすでに起きている。
防衛省は23日、中国とロシアの海軍駆逐艦など計10隻が、鹿児島県・佐多岬と種子島間の大隅海峡を22日に通り、東シナ海に向かったと発表した。中露艦艇が同海峡を通過するのは初とのこと。前例のない行動が立て続けに起こるなか、専
京都大学は28日、大学院理学研究科の林愛明(りん・あいめい)元教授の熊本地震に関する単著論文について、複数の捏造や改ざんがあったと発表した。京大は同日、林氏に対して懲戒解雇相当とする処分を行った。
中国広東省などの地方政府は電力不足の対策として、電力使用制限や生産工場の一時操業停止などの措置を講じている。
米軍は、東京から南に2500キロ離れた米領グアムに防空迎撃システム「アイアンドーム」を配備する。7日、ハワイ本拠地の第94軍航空・ミサイル防衛司令部(AAMDC)が発表した。インド太平洋地域で影響力を膨張させる中国共産党