大紀元時報

新しい葬儀への参加方法!オンライン参列

2021年02月19日 17時47分
お葬式のひなた
お葬式のひなた

「離れていても、大切な人とのお別れができます」

新しい葬儀のかたちとして、自宅からでも葬儀に参列できる「オンライン葬儀」のサービスが注目されている。

同サービスを提供しているのは「お葬式のひなた」。2020年11月に開始した、新たなサービスである。

代表の増井康高氏は「新型コロナウイルスは、私たちの日常を大きく制限しています。また、高齢化や個別の事情により、ご葬儀に参列したくてもできない方が多くいます。そのような方のために、日本国内はもちろん、海外からでも参列できる『オンライン葬儀』をご用意しました」と話す。

Getty Images

オンライン葬儀とは、葬儀をオンライン化することで、葬儀への参列に関する困難を一気に解決するもの。

例えば、
・ウイルス感染防止のため、密になる空間は避けたい
・高齢や持病のため、体力的に参列が難しい
・遠方のため、交通費の負担や移動が難しい
・入院中または施設に入所中のため、長時間の外出ができない

などの事情で、これまで参列を諦めていた方が、親しい故人との最後の一時を分かち合えるサービスだ。

その他、葬儀に付帯する各種サービスも、以下の通り扱っている。

・ご供花のご注文、御香典の受付などもオンラインで対応
・ご葬儀にカメラマンを配置し、離れた場所にいる参列者に同時中継する
・喪主のご挨拶や返礼品の手配など、ご葬儀後のフォローについても対応

まだまだ続くコロナ禍のなか、葬儀の形式にも変化を余儀なくされる昨今、こうした新しいサービスに注目が集まっている。

増井代表は「日本人は古来より家族のつながりを大切にしてきました。冠婚葬祭は家族にとって重要な節目です。人生100年と言われる現代。その歳月を支え合う家族の絆を強くするため、弊社はそのサポートをしていきたいと考えています」と語った。

オンライン参列サイトはこちらから

https://sougi-himawari.tokyo/online/

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^