大紀元時報

唯一の温血種である魚  アメリカのビーチで目撃された珍しいムーンフィッシュ

2021年8月18日 06時00分
Tony / PIXTA
Tony / PIXTA


最近、アメリカ・オレゴン州沖の海岸に1メートルを超える巨大でカラフルな熱帯深海魚が座礁し、そのユニークな姿が話題になっています。

オレゴン州シーサイド水族館のボランティアが、7月15日の朝、州北西部のサンセット・ビーチで、このカラフルな「変な魚」を発見しました。

すぐにスタッフが調べに行くと、それは体長3.5ft(106cm)、100lb(45kg)のムーンフィッシュ(別名:月光魚)でした。

ムーンフィッシュは奇妙な形をしており、扁平な楕円形の体、金色に縁取られた目、銀色に輝く腹、その他の部分には金色とオレンジ色の鱗があり、体には白い斑点があります。

シーショア水族館はFacebookの投稿で、この魚は「オレゴン州の海岸では珍しい」と述べ、巨大な魚の写真を数枚掲載しました。

シーサイド水族館で20年間アシスタント・マネージャーを務めるティファニー・ブース氏は、Epoch Times紙に「この魚の写真は見たことがありますが、実際に見たことはありません。写真ではあまり大きく見えませんが、実際に見てみると、その大きさと重さに衝撃を受けました。」と語りました。

ブース氏(38歳)も、この地域のビーチムーンフィッシュを見たのは初めてだったそうです。

魚の死因は不明ですが、体の状態は良好で、座礁してから1時間後に発見されたと推定されるため、海鳥に食べられていたわけではないと考えられています。

水族館によると、ムーンフィッシュ自体が大きく、最大で6フィート(182cm)、体重は600ポンド(270kg)以上にもなるといいます。

現在、世界で唯一の温血魚として知られる希少なムーンフィッシュは、主に熱帯・温帯の深海に生息し、オキアミやイカを食べています。

深海性の肉食魚で、エラに血管があり、温かい血液が全身を循環しています。

しかし、情報が少ないため、この種についてはほとんど知られておらず、生物学者はムーンフィッシュの年齢を決定する方法を研究しています。

ムーンフィッシュは現在、シーサイド・アクアリウムによって氷上保存されており、来年度には地元の団体である「コロンビア・リバー・マリタイム・ミュージアム」と協力して、幸運な学生たちがこの魚を解剖し、種の詳細を知るために「可能な限りのデータが得られる」ことを期待しています。

「また、学生たちにとっては、日常生活では二度と出会うことのない、美しくてとてもかっこいい魚を解剖するというユニークな体験になるでしょう」とブース氏は言います。

関連キーワード
^