大紀元時報

肺を養い、乾燥を防ぐ秋の果汁

2021年9月7日 16時09分
(Wakko / PIXTA)
(Wakko / PIXTA)

に大量に出回る新鮮果物野菜には、人体に必要な多くの栄養素が豊富に含まれており、肺を養い、陰を養い、の体を潤し、滋養するのに非常に効果的です。果汁を絞り、他の有益な食品と一緒に摂取することで、の健康のための優れた飲み物となります。

梨のジュース

梨の果肉は甘くてジューシーで、熱を取り除いて体を解毒し、肺を潤して咳や痰を解消する効果があります。 クワイ、蜂蜜、サトウキビジュースと一緒に摂るとより効果的です。

柑橘系ジュース

清涼感のある甘酸っぱいジュースで、咳を鎮め、肺を潤して痰を解消し、アルコールの酔いを醒まし、利尿する効果があります。

大根ジュース

熱を取り除き、痰を溶かし、咳を和らげ、胃の働きを活発にし、消化を助ける効果があります。

クワイジュース

クワイは、生で食べたり、料理して食べたりすることができます。 熱を取り除き、体液の生成を促進し、痰を払い、血液を冷やし、毒素を解毒する効果があります。

ブドウジュース 

ブドウは栄養価が高く、甘酸っぱくて、肝臓や腎臓を養い、生命力を漲らせ、体液を生成して排尿を促す働きがあります。 そのまま食べてもよいですし、叩きつぶしたものを蜂蜜を加えて煎じてとろみをつけ、ペースト状にしたものを熱湯で飲むのもよいです。また定期的な摂取は、神経衰弱や過度の疲労に良いとされています。

ざくろジュース

ざくろは温かく、甘酸っぱい味で、体液を生成し喉の渇きを癒す効果があります。 体液不足、口、喉の渇きに悩む方にお勧めです。 ザクロの汁を叩いたり、煎じてスープにすると、熱を取り除いて体を解毒し、肺を潤して咳を治し、虫や赤痢を殺し、子供のしもやけや長引く下痢を治すことができます。
 

なお、新鮮果物野菜は、食べ過ぎても健康に影響を与える可能性があるため、適度に摂取することが大切です。 新鮮果物は糖分が多いので、高齢者や心血管疾患のある人は注意してくださいね。

(翻訳・井田)

 

関連キーワード
^